特集
カテゴリー
タグ
メディア

食べられる「ショットグラス」のつくりかた

食べられる「ショットグラス」のつくりかた

先週、SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)で人気を博した、クッキーで作ったミルク用ショットグラスはもう知っていますか?

よく冷えたミルクをこのグラスに入れて飲んでみたい!という方のために、自宅で作る方法を紹介します。この作り方はDIY系サイト「Instructables」のユーザーklee67さんによるものですが、それほど難しくもないようですよ。

1.お好みのクッキーの生地をいつもどおりに作ります

klee67さんは「Serious Eats'」のチョコチップクッキーのレシピを参考に、レシピよりも多めに小麦粉を加え、少し長い時間混ぜていました。この2つのポイントで生地が扱いやすくなり、打ち延ばしもしやすくなるのです(この部分については後ほどあらためて)。

2.型に生地を詰めます

140401cookie_cup_4.jpg

klee67さんは円筒部分が広く開いた「ポップオーバー(シュークリーム生地のようなパン)」用の型を使っています。クッキングシートを巻いて入れ、さらに内側にアルミホイルを巻きつけたワインのコルクを詰めます。このコルクが「芯」となるわけです。

140401cookie_cup_5.jpg

次に、ショットグラスの「底」になる部分として、丸く切り抜いた生地をまず詰めます。それから、ピザ用のカッターと麺棒を使って、生地をコルクに巻きつけて型へ入れます。

3.オーブンで焼きます

190度に熱したオーブンに入れ、10~14分間焼きます。型から抜き出せば、クッキーショットグラスのできあがりです。klee67さんによると、「グラスの内側をシロップやジャムでコーティングしないとミルクがすぐにしみこんでしまうので、クッキーはすぐに食べるといいですよ」と勧めています。

大まかな作り方はこれらの通りですが、以下のリンクから写真付き手順もチェックしてみてください。

How to Make Your Own Cookie Shot Glass | Instructables

Alan Henry(原文

swiper-button-prev
swiper-button-next