特集
カテゴリー
タグ
メディア

いくらキミの好物でも、ペットにとっては危険な食べ物になる

いくらキミの好物でも、ペットにとっては危険な食べ物になる

家の中はペットにとって危険な食べ物であふれています。飼い主のほとんどが犬にチョコレートをあげてはいけないことを知っているでしょう。でも、他の食べ物については?

役立つ情報が満載のブログ「Real Simple」では、ペットにとって危険となり得る食べ物のリストをまとめています。

  • チョコレート:重症に至ることは少ないですが、すべての犬種にとって危険で、神経系と心臓に過度の刺激を与えます
  • ブドウ、レーズン(干しぶどう):腎臓へダメージを与える原因になります
  • ニンニク、タマネギ:赤血球にダメージを与える恐れがあります
  • キシリトール:シュガーレスガムやシュガーレスキャンディに含まれ、インスリン分泌を増加させてしまう原因となります
  • アルコール:神経系に影響を与えます
  • 生のイースト、パン生地:消化管内でガスが発生し、イースト発酵によりアルコール中毒を起こしてしまいます
  • マカダミアナッツ:筋肉および神経系に異常が起きます
  • アボカド:心筋にダメージを与えるぺリシンを含むため危険です

8 Things Your Pet Shouldn't Eat | Real Simple

Walter Glenn(原文

swiper-button-prev
swiper-button-next