特集
カテゴリー
タグ
メディア

子どもにエンジニアの楽しさを伝える取り組み「EWeek」から未来のスターが生まれるかも

子どもにエンジニアの楽しさを伝える取り組み「EWeek」から未来のスターが生まれるかも

以前、小学生向けのワークショップも開かれたという宮城県石巻のハッカソンを取り上げたことがあります。震災後の石巻の街に新しい産業をつくる、という背景もある取り組みでしたが、多くの子どもたちが実際に手を動かし、プログラミングを体験していました。

国内外のイノベーションを紹介するWebメディア「Mugendai(無限大)」で、同様の子供向けワークショップを取り上げていました。その名も「ROBOLAB(ロボラボ)」です。

2013年8月4日、「ROBOLAB(ロボラボ)プログラミング教室 ~ゴールを目指せ!車型ロボットを動かそう~」が開催。石巻地域の小学生11名と、IBMの社員7名でプログラミングについて学びました。

まずはエンジニアについての講義からスタート。講師役の社員が、エンジニアの職業とその仕事内容について説明し、「知識をためて考え、試し、結果を確認すること」の繰り返しの大切さを分かりやすく伝えていきます。講義のあとは、いよいよプログラミングの実践。。

(中略)開始時は緊張気味だった子どもたちも、流れが飲み込めてくると、作業台とパソコンを夢中で行き来し、自ら難しいコースにも挑戦するように。3時間にわたる体験教室の最後には「もう1回来てみたい人は?」という問いかけに生徒全員が手を挙げました。

このような「技術者自らが子どもたちに科学や数学、テクノロジーの面白さを伝える」試みは、もともとIBMなどの企業が協賛し、アメリカで約20年前にはじまったのだそう。「エンジニアズ・ウィーク(Engineers Week、EWeek)」とも呼ばれ、子どもたちにエンジニアの楽しさを伝える取り組みとして、認知があるようです。

私たちの周りには多くの「体験」があふれています。英会話や習い事の無料体験、自分のブログをカスタマイズしてみるのもそうです。やってみなければわからないことに、いかに触れて、興味を持つか。多感な子どもたちだけでなく、大人の私たちにも必要なことなのかもしれません。

「ROBOLAB」を取り上げていたMugendai(無限大)では、テクノロジーの活用例、そしてエンジニアのキーパーソンへのインタビューなどを掲載しています。下記リンクより併せてどうぞ。

プログラムづくりって楽しい! ロボラボでエンジニアの仕事を体験 | Mugendai(無限大)

Photo by Thinkstock/Getty Images.
swiper-button-prev
swiper-button-next