特集
カテゴリー
タグ
メディア

Kindleがある今、電子書籍も図書館で借りる時代に

Kindleがある今、電子書籍も図書館で借りる時代に

もうあの、ちょっとほこりっぽい匂いを懐かしく思う人も、少なくなっていくのでしょうか。

2012年の統計によると、図書館は日本全国に3234館あり、蔵書数は4億冊以上あるそうです。通っていた学校、あるいは地域にある図書館に、お世話になったことがある人も多いことでしょう。一方で、スマートデバイスが発達し、「電子書籍」も普及し、一般的になりつつあります。

国内外のイノベーションを様々な切り口で紹介するWebメディア「Mugendai(無限大)」が、この電子書籍がある時代にあわせた、新しい図書館のあり方を紹介しています。

ペーパーレス図書館の誕生

図書館のあり方をめぐる大きな変化は、大学図書館から始まりました。2010年9月、アメリカのテキサス大学サンアントニオ校に、紙の本が1冊もない図書館が誕生しました。Kindleなどの電子書籍リーダーを使って、50万冊以上の電子書籍と約5万種の電子ジャーナルを読むことができます。そして2013年9月、同じ地域に世界初となる完全電子化の公立図書館「Biblio Tech」が誕生。Apple Storeをモチーフにした建物は、閲覧&貸出用の電子書籍端末900台や50台以上のパソコンなどが設置されており、近未来的な空間になっています。

上の動画は「Biblio Tech」を取り上げた映像です。ミーティングスペースなどもあり、利用者も老若男女いるようですが、紙の本は一冊もなし。「図書館」という言葉そのものが、スマートデバイスやテクノロジーによって、再定義される日も近いのかもしれません。

Mugendai(無限大)では、今回取り上げた図書館をはじめ、テクノロジーを活用したイノベーションの現場、そしてキーパーソンへのインタビュー記事などを掲載しています。下記リンクよりチェックしてみてください。

紙とデジタルに揺れる図書館――電子化の波の中で問われる「Library」のあり方とは | Mugendai(無限大)

(ライフハッカー[日本版]編集部)

swiper-button-prev
swiper-button-next