特集
カテゴリー
タグ
メディア

自分への投資が一番確実なリターン。外国語を習得した場合に稼げるかもしれない想定金額

自分への投資が一番確実なリターン。外国語を習得した場合に稼げるかもしれない想定金額

外国語を習得するのは、個人的な楽しみや満足のためだけではありません。外国語を流暢に使えるようになればお金を稼げるようにもなります。英エコノミスト紙では、外国語の勉強に対する投資がどれくらいのリターンを生むのか、金銭面で一番お金になる言語は何かを試算しました。

平均年収約450万円で、40年間で平均2%の「外国語習得による給料加算分」があるとして、毎年1%ずつ昇給したと仮定すると、定年までに約670万円多く稼げる計算になります。外国語を習得する時間を短縮できれば、かなりいい投資と言えるのではないでしょうか。

ただ、どの外国語を習得するかによって稼げる金額は変わってきます。ドイツ語は約1,280万円、フランス語は約770万円で、スペイン語の約510万円に比べると割高です。スペイン語は他の言語よりも需要が無いので納得の数字と言えます。

140319_Language_02.jpg

当然ながら、上記の数字は仕事で外国語のスキルを使う場合、もしくは外国語ができるから仕事に就いた場合を想定しています。日本の場合、母国語が英語ではないので、英語を習得した場合はお金に繋がる可能性が高いでしょう。もちろん、せっかく外国語を習得しても、それを仕事に活かさなければ宝の持ち腐れになってしまいますのでご注意を。

Johnson: What is a foreign language worth?|Economist

Melanie Pinola(原文/訳:的野裕子)

Photo by Minnesota Historical Society.
swiper-button-prev
swiper-button-next