特集
カテゴリー
タグ
メディア

臭いの取れないトレーニングウェアの洗い方

臭いの取れないトレーニングウェアの洗い方

あなたも心当たりがあるかもしれませんが、ジムで運動した後やランニングから帰ったとき、トレーニングウェアから放たれる悪臭にショックを受けたことがないでしょうか。トレーニングウェアの化学的な素材だと、何度洗濯機で洗っても、なかなかすっきりと臭いが落ちないようです。

臭いが取れないから買い替えようとお考えなら、これから洗濯の秘訣とコツを紹介しましょう。ヒドい臭いを放つバイクショーツやスポーツブラにもちょっと試してみませんか。

すぐハンガーにかけて乾かす

汗でびっしょりになった服を持ち帰っても、すぐ洗濯機にかける時間がないかもしれません。でもそのまま洗濯かごに放り込んだままにしたり、スポーツバッグに入れっぱなしにしないでください。必ずバッグから取り出して吊るして乾かしておくようにしましょう。

汗で濡れているトレーニングウェアは服と服とを重ねたまま長時間放置していると、カビやカビの胞子を繁殖させてしまいます。そしてそれらは繊維の中に閉じ込められるのです。これは洗濯しても落ちません!

十分につけ置きを

速攻でバクテリアを殺し、服をリフレッシュさせる方法があります。お酢を混ぜた水につけ置きするのです。洗濯する直前に、水4に対して酢1を入れた液に30分浸しましょう。また、少量の酢や重曹、レモン汁も効きますから洗濯する水に入れてみましょう。ただしこれは、洗濯洗剤に漂白剤が入っていないときにしてください。

高い温度を味方につける

洗濯機でまわしたり乾燥機で乾かしたりするときには、服の生地が耐えうる限りの高温にセットしましょう。これは熱による痛みを受けにくい綿生地の衣類に最適な方法です。

水の温度にも注意

化学繊維の生地の場合は、温水か冷水で洗って吊るして乾かすようにしてください。水温が低いときは酢やレモン汁の量を多めに入れる必要がありますが、服の生地を傷めずにバクテリアを撃退するにはよい方法です。

太陽の力を借りる

乾燥機に入れられないトレーニングウェアであれば、太陽のパワーを利用して安全に効果的に服を乾かしましょう。太陽光線には天然のバクテリア抑止力があります。天気の良い日に干すことで、トレーニングウェアをこの先何か月も何年も、気持ちよく清潔に着用することができるでしょう。

How to Clean Your Workout Clothes Correctly | Cantavita

Jen Smialek(原文

swiper-button-prev
swiper-button-next