特集
カテゴリー
タグ
メディア

PagesやKeynoteにも。iOSアプリに好きなフォントをインストールして使える『AnyFont』

  • カテゴリー:
  • TOOL
PagesやKeynoteにも。iOSアプリに好きなフォントをインストールして使える『AnyFont』

iOS:iPhoneやiPadはものを書くには最適ですが、次々と好みのフォントに変えたいと思っても、手持ちのフォントをインストールできません。『AnyFont』を使えば、できます。PagesやKeynoteなどのアプリでも使えます。AnyFontを使えば、DropboxのようなアプリにあるOpen Inオプション(「...で開く」機能)を使って、自分のiOSでOpentypeやTruetypeのフォントを開くことができます。ほしいフォントをタップすればAnyFontが構成プロファイルを使ってインストールします。ほとんどのアプリにフォントを取り込み、自分の好きなものを選べるようになります。

アプリの公式な取り込み方ではないので、どれだけのアプリに使えるかはわかりませんが、PagesとKeynoteには使えたので、私はラッキーでした。

AnyFont(200円・2014年3月8日現在) | iTunes App Store via TUAW

Thorin Klosowski(本文

swiper-button-prev
swiper-button-next