特集
カテゴリー
タグ
メディア

職場での勤務時間を交渉するための「はい...また」テクニック

職場での勤務時間を交渉するための「はい...また」テクニック

一部の職業では、その性質上、多くの勤務時間を必要としますが、上司から自分が望んでいるよりも長時間働くよう求められることがままあります。「Wall Street Journal」は、そのような状況になった場合、実際に働きたい時間のみ働くことができるように「はい... また」という言葉を使った交渉テクニックを提案しています。

多くの場合、上司が職場を離れるまで、社員は退社しないのが一般的です。この交渉テクニックで、そのような状況を逃れ、勤務時間を交渉することができます。

Melcher氏は、勤務時間の交渉機会を最大限に活用するために、次のように述べています。上司のニーズを事前に考え、自分の仕事ぶりを詳細に伝えましょう。肯定的な事柄で話を始め、上手くいっている業務に関して説明をします。勤務時間やメール対応について上司が社員に何を期待しているのか尋ねましょう。

Melcher氏は、解決策を提案する場合、「はい...また」交渉テクニックを用いることを勧めています。「上司の論点を肯定してから、自分の状態を伝えます。例えば、「はい、私は勤務時間後でも頼っていいただきたいと思っています。また、私には若い双子の子供がいますので、午後5:30~8:00までは家に居て、家族との時間を過ごすことが大切だと思っています。午後9時~11時の時間帯は対応できますが、いかがでしょうか?」

Wall Street Journalでは、長時間働くことを望んでいない場合でも、上司に自分が一生懸命働いている事を示す方法などを含めた他の交渉テクニックを紹介しています。

When the Boss Works Long Hours, Must We All? | The Wall Street Journal

Thorin Klosowski(本文

Photo by Alan Cleaver.
swiper-button-prev
swiper-button-next