特集
カテゴリー
タグ
メディア

富豪には読書家が多い? インフォグラフィックで見る「世界長者番付ランカーの習慣」

cafeglobe

富豪には読書家が多い? インフォグラフィックで見る「世界長者番付ランカーの習慣」

Telmex会長カルロス・スリム、Microsoftのビル・ゲイツ、ZARAのアマンシオ・オルテガ、ウォーレン・バフェット...彼らはForbesが毎年発表している「世界長者番付・億万長者ランキング」の2013年の上位者たちです。

Business Management Degree」には、彼らのような世界の富豪の習慣をわかりやすくまとめたインフォグラフィックが紹介されていました。

年収3万ドル(約306万円)以下の人(Poor)の習慣と、富豪(Wealthy)の習慣には一体どんな違いがあるのでしょうか?このインフォグラフィックについて解説した姉妹サイト「cafeglobe」の記事によると、富豪(Wealthy)がやっていて「Poor」がやっていない習慣の中にはこんなものが:

88%がビジネス教本などを1日30分以上読む(「Poor」は2%)

86%が読書家である(「Poor」は26%)

81%が「To Doリストを必ず書く」(「Poor」は9%)

63%が移動時間にオーディオブックを聴いている(「Poor」は5%)

44%が仕事の3時間前に起きる(「Poor」は3%が実践)

ちなみに「2013年の世界長者番付内の400人のアメリカ人のうち、68%はゼロから財産を蓄えた人」というデータもあるとか。詳細は下記「cafeglobe」の記事からどうぞ。

世界長者番付の富豪の教え。88%が1日30分以上の読書を習慣に |cafeglobe

(ライフハッカー[日本版]編集部)

swiper-button-prev
swiper-button-next