特集
カテゴリー
タグ
メディア

夜間のメールチェックは翌朝の仕事に影響するらしい(しかも寝不足にもなる)

夜間のメールチェックは翌朝の仕事に影響するらしい(しかも寝不足にもなる)

99U:スマートフォンやパソコンを就寝前に使用すると、睡眠不足の原因になる。これは有名な話ですが、翌日の集中力の低下にもつながる可能性があるのをご存じでしたか? 「Wall Street Journal」でMelissa Korn氏が以下のように解説します。

新たな研究結果により、就寝前のメールチェックは午前中のだるさの原因となり、その翌日の午後まで仕事に影響をおよぼすことが明らかになりました。フロリダ大学、ミシガン州立大学、およびワシントン大学の研究者たちは「勤務時間後も上司からのメールをスマートフォンで四六時中チェックし、いつ何時も同僚に返信し続ける、といった仕事をしている人たちは、結果的に生産性を低下させる」ということを述べています。

どんな電子デバイスでも、使用すれば睡眠不足や次の日の集中力低下の原因になります。特にスマートフォンは大きな影響を及ぼします。「朝起きて真っ先にチェックするのはスマートフォンで、常に電源をオンにして一日中使用するものであることが理由の1つとして考えられます」と語るのは、ワシントン大学フォスター・スクール・オブ・ビジネス(University of Washington's Michael G. Foster School of Business)の助教授であり、この記事を共同執筆したChristopher M. Barnes氏です。顔に近づけて画面を見ることは寝つきを悪くする原因になることも彼は付け加えています。

実行するのは難しいことですが、寝る2時間前からはスマートフォンやパソコンを使用しないことが大切です。記事の詳細はこちらからご覧ください。

Answering Work Emails at Night Makes You a Worse Employee in the Morning|99U

Sasha VanHoven(原文

Photo by Thinkstock/Getty Images.
swiper-button-prev
swiper-button-next