特集
カテゴリー
タグ
メディア

パソコンと携帯を持ち込まないことで会議が驚くほど効率アップする理由

パソコンと携帯を持ち込まないことで会議が驚くほど効率アップする理由

この1年、Brad Dickasonさんは、会議にノートパソコンと携帯電話を持ち込まないようにしました。一時たりとも携帯を手放さない人にとっては、理解不能の行動に思えるかもしれませんが、会議にこの2つを持ち込まないことによる驚くべき2つのメリットを、Bradさんは教えてくれました。

発言者はあなたのことだけを見て話す

あなた以外の全員がノートパソコンを開いているため、アイコンタクトをしたり、目を合わせることができるのはあなただけなので、発言者はあなたの目を見て話します。他の人も、話していることは無意識的に分かっているのでしょうが、あなたと発言者が実際に目を合わせてコミュニケーションしながら話している間中、他の全員がパソコンの画面を凝視しているのは、本当に面白い状況です。

会議時間が短くなる

1人でも会議に集中している人がいると、話が脱線した時もすぐに気付き、「それより、話を先に進めましょう」と言って、本題に戻すことができます。

Bradさんの言っていることは少し大げさなように思えるかもしれませんが、会議で誰かが話している時に、メールをチェックしたりTwitterを見ていたりしたことが何度もありますよね? その結果、会議の進行が遅くなったり、大事な情報を聞き逃している人がいたり、そもそも何でこの会議をやっているのかと疑問に思ったりすることがよくあります。すべてBradさんが記事で指摘していることです。

という訳で、次回会議に参加する時は、自分と同僚の時間を節約し会議に集中するためにも、パソコンと携帯は持ち込み禁止にしてみてください。その2つがないおかげで、会議が驚くほどはかどります。

Tanner Christensen(原文/訳:的野裕子)

Photo via Shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next