特集
カテゴリー
タグ
メディア

赤ちゃんの食べ物アレルギーを調べるための4日待機ルール

赤ちゃんの食べ物アレルギーを調べるための4日待機ルール

赤ちゃんの食事に固形の食べ物を新たに取り入れるときに、赤ちゃんが何にアレルギーがあるのかはわからないものです。

Petit Organics」(アメリカのオンライン・ベビーフード宅配サービス)の創始者である Michelle Muller-Marins が、それを確認する方法として「4日待機ルール」というものを紹介しています。

その方法を紹介しましょう

赤ちゃんの食事に取り入れたいものがジャガイモの場合、4日間、ずっとジャガイモだけを与えます。その子がジャガイモアレルギーである場合には、その4日間のうちに、発疹やむくみのようなアレルギー反応が現れるでしょう。何も問題が起こらなければその食べ物は安全だということなので、別の新しい食べ物を取り入れます。

その次に取り入れたいのがイチゴである場合には、今度は4日間、ずっとイチゴだけを食事として与え続けることになります。しかし今回は、既に赤ちゃんに試した「安全な食品」、この場合にはジャガイモを、自由に加えることができます。Muller-Marins が冒頭のビデオで詳しく説明してくれるので、ぜひご覧ください。

4-Day Wait Rule|Howcast

Mihir Patkar(原文

swiper-button-prev
swiper-button-next