特集
カテゴリー
タグ
メディア

革新的なスタートアップ企業が実践する、新しいアイデアを生み出すための社内ルール

革新的なスタートアップ企業が実践する、新しいアイデアを生み出すための社内ルール

Inc.」でRyan Underwoodさんが、3つの革新的なスタートアップ企業で、どのように新しいアイデアを生み出しているのかについて書いていました。

◆視点を変える

サンフランシスコを拠点とする掃除製品メーカーの「Method」では、姿勢、呼吸、思考のような些細な行動が、いかにして行われるかの理解を深めることで、クリエイティブ思考が向上すると社員に勧めています。また、全員に1日会社の受付をやらせることで、変な感じがしたり、クリエイティブになったり、謙虚になったり、常に社員の視点が変わるようにも努めています。

◆頭の中を解放する

ニュージャージー州を拠点とするスタートアップ企業「Caktus」では、24時間自由に好きなことを考えるようにしています。木曜の午後に飲みながらブレインストーミングを始め、金曜の夕方までに簡単な試作品や、もしくは本当に出来の良い企画を上げてもらいます。

◆賞金ハッカソン

ニューヨーク市を拠点とするスタートアップ企業「Animoto」では、新しいアイデアを生み出すために、四半期毎のハッカソンに賞金をかけています。技術的なチャレンジがある、とても役に立つ、みんなが良いと思う、という3つの条件を満たした勝利チームは現金500ドルがもらえるのです。

Tanner Christensen(原文/訳:的野裕子)

Photo via Shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next