特集
カテゴリー
タグ
メディア

Eメールの署名はシンプルに必要最低限のものだけ記載しよう

Eメールの署名はシンプルに必要最低限のものだけ記載しよう

Eメールの署名は、送信者と連絡を取る方法を記すものです。しかし、今までの原則に従って複数の連絡先を記載していたならば、送信先から連絡を受ける可能性は低いままでしょう。Fast Companyによれば、「Less is more (少ないほど豊かである)」の原則に従って署名することが最善であると言います。コミュニケーションの専門家である2名、Cassera CommunicationsのMelissa Cassera氏とConstant ContactのRon Cates氏によれば、1つ、または2つの連絡方法のみを署名に記載するのが望ましいとしています。そしてもちろん、その連絡先は、最も高い頻度で、確認や応答するものであるべきです。

Cassera氏は「大抵の場合、連絡方法が多すぎるのです。」と言います。代わりに、1、2つの連絡方法だけを記載してください。また、1番早く応答ができる連絡先を示す文章を追加するのも良いでしょう。例えば、Cassera氏はEメールの署名でTwitterのIDと共に、「Twitterを最も頻繁に確認しています」という文章を添えています。

Cates氏は、多すぎる連絡先情報は必死な印象を与えると同時に、相手を困惑させてしまう可能性もあると述べています。「店舗やオフィスを持っていない限り、署名に実際の住所を載せる意味はないでしょう。ソーシャルアイコンも、1つや2つだけ、連絡先として載せてください。それ以上提示すれば、連絡先がクリックされる可能性はより低くなってしまうでしょう」とも述べています。

さらにCates氏は、「スマートフォンなど小さい画面での操作を考えて、指でタッチしやすくするように心がけてください。連絡先を1つか2つにすることでクリックしやすくし、誤って違うリンクをタッチしてしまうことを防ぐという利点もあります」とも助言しています。

5 Common Mistakes You Are Making With Your Email Signature|Fast Company

Mihir Patkar(原文

Photo by Peter Van Lacker.
swiper-button-prev
swiper-button-next