特集
カテゴリー
タグ
メディア

ぬいぐるみの洗い方:洗濯機が使えない場合は重曹で

ぬいぐるみの洗い方:洗濯機が使えない場合は重曹で

子どもが外でぬいぐるみを引きずり回して、汚れたり、臭くなったりすることがありますよね。中には洗濯機で洗えるものもありますが、洗えないものもあります。

「Apartment Therapy」が、ぬいぐるみをきれいに、そして良い香りにする方法を教えてくれました。まずは、ラベルをチェックしてください。洗濯機で洗えるようなら、壊れやすい部分を保護するために洗濯網か枕カバーに入れましょう。いつも使っている洗剤を入れ、洗濯機を「弱」の設定にして、冷水で洗います。加工された毛皮は熱に弱いので、洗濯機での乾燥は避けましょう。ドライヤーを使う場合も、冷風で。

手洗いができるぬいぐるみなら、洗剤で洗い、絞って自然乾燥させます。

洗濯機で洗えないぬいぐるみなら、ジップロックかビニール袋に入れて、重曹を加えて混ぜます。普通サイズのぬいぐるみには半カップの重曹で十分でしょう。袋をしばり、手で振ってから、しばらくそのままにしておきます。15~20分がちょうどいいですが、汚れや匂いが取れないようなら、もう少し長くつけておいても大丈夫です。そのあとで重曹を落とします。掃除機を弱めにして吸い上げても良いし、髪の毛用のブラシで取っても良いでしょう。

詳細は、下記Apartment Therapyのページをご覧ください。

How to Clean Stuffed Animals | Apartment Therapy

Walter Glenn(原文/訳:駒場咲)

swiper-button-prev
swiper-button-next