特集
カテゴリー
タグ
メディア

Google検索からBingへの乗り変え方と、その使い心地を検証した

  • カテゴリー:
  • TOOL
Google検索からBingへの乗り変え方と、その使い心地を検証した

Google検索をしたあとで、いくつかのウェブサイトにアクセスすると、どのサイトでも同じ広告が表示される経験をしたことがある方も多いはずです。これはGoogle AdSenceで適した広告を表示するために、Google検索のキーワードが利用されているからです。

私もブログにAdSenceを貼り付けていますが、適した広告が表示されると、うまくできているものだと関心させられます。しかし、これだけうまくターゲティングされていると、よい気持ちはしません。

この対策として、ウェブブラウザのトラッキング拒否機能を使うことも考えられますが、いっそ別の検索エンジンに切り替えてみるのも、選択肢のひとつと考えて実践してみました。Google検索は長らく使っているので腰が重かったのですが、マイクロソフトの「Bing」に切り替えました。そのために行ったアプリの設定方法と使い心地を紹介します。

切り替えは意外に簡単

検索エンジンをBingに切り替えるのは、予想よりも簡単でした。環境ごとに手順をご紹介します。

Mac編

MacのデフォルトブラウザでSafariを使っていれば、[環境設定]の[一般]タブにある[デフォルト検索エンジン]を「Bing」に変更します。

140119_bing02.jpg

iPhone編

デフォルトブラウザはSafariなので、[設定]アプリの[Safari]にある[検索エンジン]で「Bing」を選択します。

140119_bing03.jpg

Android編

自宅では、Androidのタブレットを使うので、これもBingへ切り替えました。デフォルトブラウザはChromeなので、メニューの[設定]をタップして[検索エンジン]を「bing.com」に変更します。

140119_bing04.jpg

もうひとつ、ホーム画面にある「Google検索」ウィジェットが残っています。これは、検索エンジンが切り替えられません。Bingを検索エンジンに使えるウイジェットが、Playストアにいくつか公開されています。しかし、どれもしっくりこなかったので、このままにしておくことにしました。

Bingにしても使い心地は変わらない!?

どれだけGoogle検索に依存しているかで、Bingの印象が変わるはずですが、私の使い方では「Google検索とあまり変わらない」というのが、正直なところです

たとえば、Google検索と比較して、検索結果の順位が極端に違うことはありませんし、検索したいものが見つからないといったこともありません。また、検索結果が素早く表示されるので、ストレスなく使えます。食わず嫌いでBingを使っていませんでしたが、悪い印象は一切ありません。

ウェブ検索した後で、画像検索や地図などへ遷移することがありますが、使い方に慣れていないので、手際よく目的に達せないことも...。でも、使い勝手が悪いワケではなく、慣れの問題なので時間が解決するはずです。<

冒頭でも書いたように、使い慣れたGoogle検索の切り替えには腰が重かったのですが、ウェブ検索の結果は大差なく、使い勝手も悪くないので、このまま使い続けたいと考えています

私のような動機で切り替える例は少ないかもしれませんが、Bingってどうなのかなぁ?と気になっていた方で、Google検索から乗り変えて良いかもと考えている方は、紹介した切り替え手順を参考にしてください。

Bing

(傍島康雄)

swiper-button-prev
swiper-button-next