特集
カテゴリー
タグ
メディア

USBメモリが迷い犬探しのお手伝い

USBメモリが迷い犬探しのお手伝い

使わなくなった古い USB メモリを放置したままにしているという人は、けっこう多くいると思います。

そんな USB メモリを活用すれば、あなたの愛犬が迷子になったときに活躍する、素晴らしい識別装置になるのです。USB メモリの賢い使い方については、「こういうのもアリか!」というような有効活用するさまざまな方法や、入れて持ち歩くと便利なソフトを紹介したりしてきました。

『Insturctables』のユーザー、ctx1985 があなたの迷子になってしまった犬が戻ってくるかもしれない、USB メモリ の"もうひとつの用途"を提案しています。

首輪に USB メモリ

このアイデアはかなり簡単なものです。アクセスしやすいファイル(テキストファイルで充分です)にあなたの愛犬の識別情報や連絡先を書き込み、そのファイルを古いUSBドライブに入れ、愛犬の首輪に付けるのです。その際には、ある程度の防水ができるドライブを使ったり、ドライブに少しガムテープを巻きつけたほうがいいかもしれません。

連絡先情報については、あなたが問題なくメモリに載せることができる程度次第ですが、少なくとも、愛犬の名前、犬種と外見、ならびにあなたの電話番号か、勤務先の電話番号等の情報が必要です。以下のような情報も、検討するといいでしょう。

  • 愛犬のアレルギーもしくは、病歴情報
  • あなたの住所もしくは、メールアドレス
  • あなたのかかりつけ獣医の連絡先

USB Dog Identification|Instructables

Walter Glenn(原文

Photo by Thinkstock/Getty Images.
swiper-button-prev
swiper-button-next