特集
カテゴリー
タグ
メディア

ビデオテープを使って作る「ヒミツの小箱」の作り方

ビデオテープを使って作る「ヒミツの小箱」の作り方

2014年も幕が開けたというのに、いまだ手元にビデオテープがあるという方、まだいらっしゃるのではないでしょうか?

記録内容がもし貴重なものならデータ化して保存するのをおすすめしますが、そのあたりの作業も抜かりなく終わっているのであれば、ビデオテープそのものを「秘密の小箱」として使ってみるというのはどうでしょうか。

米DIY系サイト・Instructables ユーザーの M3G は、おそらく誰も目を付けないであろうこのビデオテープの中に鍵や USB ドライブ、ドキュメントなどを隠しておくというハックを提案しています。

このハックには特別なツールは必要ありません

おそらく今後あまり活躍しないであろうVHSカセットに新しい命を吹き込むにはとても良いアイデアです(ビデオテープって何?という若い読者層のために解説しておくと、これらは DVD や Blu-ray がメジャーになる前に一般的だった動画保存用の媒体で、近所の売ります買いますのお店などにはおそらく少しはまだ在庫があると思われます)。そして、ケースに入れて本棚や収納棚、DVD コレクションの中に入れてしまえば、全く違和感もありません。

作り方

まずカセットを開き、テープを切ります(完成した箱を誰かが手に取ったとしても、不自然に見えないように、テープ自体はそのままにして取っておきます)。

それから VHS ケースの真ん中を取り外します。ラベルのすぐ裏にあたる中心部分は USB ドライブ、SD カード、小さな書類などそこに隠しておきたいものが入る場所になります。その部分に隠したいものを入れたら、あとはテープを再び用いて組み直し、作業は終了です。

VHS のテープが目に付くところにあると、それはそれでちょっとアヤシイと思われる可能性もあるので、実用性がそこまで高いかと問われると疑問も残ります。とはいえ、ちょっとした楽しいハックであることは事実です。

DVD や Blu-ray のコレクション以外に、ビデオテープも未だに沢山所有している、という方であれば、この数本のテープの中に大切な宝石や家宝をしまっておくと良いかも知れません。詳しい作成方法は下記のリンクからどうぞ!

VHS Tape Secret Compartment |Instructables

Alan Henry (原文/訳:まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next