特集
カテゴリー
タグ
メディア

3ステップでわかる! 斬新すぎる投稿特化型Twitterアプリ『ツイティー・ライト』の使い方

タブロイド

3ステップでわかる! 斬新すぎる投稿特化型Twitterアプリ『ツイティー・ライト』の使い方

iPhone:投稿数の多さに価値を見いだす人へ。

ツイートの「読みやすさ」より「投稿しやすさ」に特化して話題をさらっているTwitterアプリが、この『Twitee Lite(ツイティー・ライト)』です。

スマホで片手文字打ちする際に不便な「カーソルが動かしにくい/テキストの選択がしにくい」「括弧で囲むのがメンドくさい」「Twitter公式アプリの投稿ボタンが押しにくい」といった不満をもとにして生み出されたアプリで、特に大量のツイートをガンガン投稿するユーザーからの高い支持を集めています。

ここでは、そんなツイティーの使い方を簡潔な3ステップにまとめてみましょう。

ステップ1.投稿専門に割り切ったアプリ

まず、Twitee Liteはツイートに特化したアプリであることを念頭に置いておきましょう。

140117tabroid_twitee_lite_1.jpg
左から投稿・簡易TL・設定の画面

あくまでメインはキーボードのある投稿画面で、画面の横スワイプで簡易タイムラインも一応呼び出せるものの、こちらはオマケ程度に思っておいたほうが良いですよ。

ステップ2.斬新な入力補助機能がスゴい

とにかく片手で素早く文字入力するのが目的のアプリだけに、入力のストレスを減らす仕組みがよくできています。

ポイントはソフトウェアキーボードの上にあるツール群で、テキスト選択・半角カナ・括弧のボタンと、その下にあるスライダーを組み合わせてスムーズな入力ができるのです。

140117tabroid_twitee_lite_2.jpg

スライダー上から画面をドラッグすることで、入力カーソルや選択範囲を上下左右に自在に動かせるのがとても便利。

>>レビューの続き&ダウンロードはこちら:TABROID

swiper-button-prev
swiper-button-next