特集
カテゴリー
タグ
メディア

血糖値を測定するスマートコンタクトレンズを、Googleが糖尿病患者のために開発中

血糖値を測定するスマートコンタクトレンズを、Googleが糖尿病患者のために開発中

GigaOM:コンタクトレンズが、糖尿病患者の日々の健康を監視し、危険な状態を認識するようになるのだそうです。

指先をチクッとやる血液検査と食事制限は、ほとんどの糖尿病患者の大事な日課のひとつです。自動的に血糖値を測定する方法は色々と増えてきていますが、まだ不快なものや不便なものが多いのが現状です。

1月16日(米国時間)にGoogle Xは、これまでとはまったく方向性の違うプロジェクトを進ていくという発表をしました。装着者の涙から自動的に血糖値を測定し、血糖値が上下した場合は警告を出すことができる、スマートコンタクトレンズの開発です。プロジェクトの共同設立者であるBrian OtisさんとBabak Parvizさんは、ブログで以下のように書いています。

この技術はまだ発展途上ですが、我々は試作品を改良する助けとなる、いくつもの医学的な研究をやってきました。いつの日か、このコンタクトレンズが、糖尿病に悩まされる人たちにとって、新しい病状の管理方法になればと思っています。

これは、史上初のスマートコンタクトレンズではありません。すでに緑内障の監視をするコンタクトレンズがいくつかあります。 Google Glassのチームでも指揮を執るBut Parvizさんは、スマートコンタクトレンズのパイオニアです。未来を見据えて困難なことに取り組み、このようなプロジェクトを巧みに進めることで定評がある、Googleの隠された部署「Google X」の一員でもあります。

Google Xのコンタクトレンズは、小さなワイヤレスチップと血糖値センサーを、2枚のソフトコンタクトレンズの間に搭載しています。現在の試作品では、血糖値を1秒に1回測定します。Googleは、コンタクトレンズ装着者の血糖値レベルが危険な状態になったら、光で警告が出せるように、LEDライトも搭載しようとしています。

この研究所は、現在コンタクトレンズを市場に出すためのパートナーを探しています。また、装着者がレンズで収集したデータを読み込み管理する、アプリの開発もしたいと考えているようです。プロジェクトの共同設立者は、以下のように書いています。

我々はいつも、少し投機的(先物買い的)な、もしくは変わっていると思われるようなプロジェクトを追求してきた、と言ってきました。国際糖尿病連合が、世界は糖尿病との闘いに負けたと宣言しているような時代だからこそ、このプロジェクトはやってみる価値があると思っています。

Google testing contact lens that can monitor glucose levels|GigaOM

Signe Brewster(訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next