特集
カテゴリー
タグ
メディア

レモンやライムの果汁をたくさん絞るには「縦に切る」のがコツ

レモンやライムの果汁をたくさん絞るには「縦に切る」のがコツ

料理をしていてレモンの果汁が必要になった時は、新鮮なレモンを絞るのがイチバン。実はその際に、レモンを縦長に切った方がより果汁がたくさん取れるのだそう。これは「Gourmet」のIan Knauerさんが、切り方を変えた2つのレモンで、実際に絞り比べてみて発見した秘訣です。横に切ったレモンよりも、縦に切ったレモンの方が3倍近くも果汁が取れたのです。また、レモンを冷蔵庫に入れていた場合は、絞る前に電子レンジで数秒温めた方が、さらに多くの果汁が絞れます。温めたレモンは、切る前にカウンターの上で転がして、レモン内部の果肉を潰しておきましょう。

いわゆるレモン絞り器を使ってレモンを絞る場合は、やむを得ずレモンを横に切ることになりますが、上のような準備をしておけば、普通に絞るよりもまだマシです。シトラスジューサーや、ただ手で絞る場合には、縦に切った方が間違いなくいいです。以下のリンク先のビデオで詳しい説明とデモがご覧になれますので、そちらもチェックしてみてください。

The Test Kitchen: How To Get the Most Juice from Lemons and Limes | Gourmet via The Kitchn

Shep McAllister, Commerce Team(原文/訳:的野裕子)

Photo by Topseller (Shutterstock).
swiper-button-prev
swiper-button-next