特集
カテゴリー
タグ
メディア

モノを買うだけじゃない。「お金で自由になる」という考え方

モノを買うだけじゃない。「お金で自由になる」という考え方

ほとんどの人は、自分が買えるものという視点で「予算」というものを考えています。車からタブレットまで、欲しいものは色々あれど、普通はお金にはキリがあると思って考えます。ところが金融系ブログ「Afford Anything」では、買い物をする時は「自由」という視点で考えることも大事だと言っています。予算やお金に関するあらゆるコツの根底には、「借金をしない」と「経済的に自立する」という2つの大きな経済的な目標があります。この2つに共通するテーマは「自由」です。ゴールは、借金という経済的な重荷を背負わない選択をしながら、自分の人生や生活を好きに送ることができることです。「Afford Anything」ではこのように言っています。

豊かさとは、物を持っているということではなく、選択肢を持っているということです。嫌な仕事を辞めたり、生活環境の悪い場所から離れたり、新しい趣味や仕事に没頭したりする自由を買うのです。

私たちの生活におけるお金の最も重要な役割は、高級車を買うことではありません。お金で手に入れられる自立です。嫌な仕事を辞めることも、旅行に行くことも、海外にいる病気の親せきにすぐに会いに行くことができるのも、お金のお陰です。

きれいごとばかりをあげているようですが、当然ながらお金には同じくらい実用的な面もあります。今度何か大きな買い物をしようと思った時には、「これは自由と同じ価値があるか?」と自分に問いかけてみましょう。今の仕事が気に入っていて、今の生活を続けたいという人は、そのままでいいと思います。すばらしいことです。ただ、どうしても新しい些末な物を買いたくなってしまった時は、1度それをやめてみると良いかもしれません。

Money Doesn't Buy Stuff. It Buys Choices. | Afford Anything via Rockstar Finance

Eric Ravenscraft(原文/訳:的野裕子)

Photo by Josef Grunig.
swiper-button-prev
swiper-button-next