特集
カテゴリー
タグ
メディア

「成功の瞬間」までの道のりを絵コンテに描いてみよう

「成功の瞬間」までの道のりを絵コンテに描いてみよう

自分にとっての「完ぺきな1日」というものがあるとしたら、どんな1日かを想像することで、次にやるべきことが見えてくると言われます。

個人宅などの空き部屋を有料で貸し借りできるウェブサービス「AirBnB」の創業者のJoe Gebbiaさんは、成功した瞬間に意識を向け、今自分がいるところからその瞬間までの道のりを、具体的に絵コンテのようにストーリー仕立てで思い浮かべた方がいいと言っています。「99U」のビデオの中で、Gebbiaさんは紙に「1本の線」を書き、それに沿って成功までの道のりを書いてみるというやり方を教えています。それから、すべてがうまくいった「成功の瞬間」を想像し、それを絵に描いてみるように言っています。

何をもって成功とするかは、人によって違います。銀行口座に大金が舞い込むことから、ビーチでのんびりと寝そべっていることまで様々です。ここで大事なのは、自分にとっての成功がどのようなものかを思い浮かべることです。成功した瞬間の温度、誰と一緒にいるかなど、細かなところまで具体的に描かなければなりません。絵の上手さは関係ないので、詳細にこだわりましょう。

最後に、1本の線と成功の瞬間が一緒になった図を見て、自分自身に問いかけます。これを実現させるために、次に踏み出す1歩はどんなものになるだろうか? あとはそれをやるだけです。

上のビデオでGebbiaさんは、頭に思い描いたビジョンを実現させる方法について語っています。全編英語なのですべてを見るのは大変かもしれませんが、1本の線と成功の瞬間の書き方については、ビデオの10分辺りからスライドで説明していますのでチェックしてみてください。

Executing Your Idea Starts With A Small Single Step | 99U

Mihir Patkar(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next