特集
カテゴリー
タグ
メディア

「手話翻訳機」の研究が進行中、キーポイントはあのゲーム機のコントローラー

Kotaku

「手話翻訳機」の研究が進行中、キーポイントはあのゲーム機のコントローラー

Kinect(キネクト)」をご存じですか? マイクロソフトが販売している家庭用ゲーム機「Xbox 360」の周辺機器です。一般的なコントローラーを用いずに、身体の動きやジェスチャー、音声などでゲームを遊べるのが特長です。

このKinectをゲームだけでなく、手話の翻訳機として活用できるのではないかと、マイクロソフト・リサーチ・アジアの中国チームが研究を進めているのだそうです。

131109kotaku_Kinect_2.jpg
「今日はどうしました?」と医師が患者に話しかける

131109kotaku_Kinect_3.jpg
Kinectが音声を認識すると、画面右の女性が手話で表示

131109kotaku_Kinect_4.jpg
手話が終わると、テキストでも内容を表示

131109kotaku_Kinect_5.jpg
患者が手話で応答。Kibectが動作を認識し、音声とテキストで表示...

このように、Kinectが音声を認識し、手話として「翻訳」。また同じように、手話を認識し、音声として「翻訳」するのです。中国語だけでなく、多言語での展開も期待できるでしょう。

この研究を紹介していたKotaku JAPANの記事では、一連のデモ動画も掲載していました。より流れがわかりやすいので、併せてチェックしてみてください。

ゲーム技術の素敵な活用法。手話の翻訳機としてKinectを大きな可能性を持っている!|Kotaku JAPAN

(ライフハッカー[日本版]編集部)

swiper-button-prev
swiper-button-next