特集
カテゴリー
タグ
メディア

ダイエット中に外食に誘われてもツラくならない注文のしかた

ダイエット中に外食に誘われてもツラくならない注文のしかた

ダイエットするだけでも難しいというのに、誰かと外にご飯を食べに行くとなると問題はさらにやっかいです。最近の研究で、ダイエット中の人は同じダイエットをしている人と食事に行くと、辛さが軽減されるということが分かりました。

そりゃそうだろうって思いましたか? もう少し、研究の内容に迫ってみましょう。

イリノイ大学による研究で、人間は基本的に、一緒のテーブルで食事をしている人とあまりにもかけ離れたものを食べないようにするということが分かったのです。裏を返せば、同じグループの人が高価で不健康なものを頼むと、他の人も高価なものか不健康なものを頼まなければならないというプレッシャーを少なからず感じるのです。

私が高カロリーで高価なものを頼んだ時に、私の仲間が高カロリーのものや高価なものを頼んだら、うれしくなります(少なくとも悪い気はしないはずです)。

さらに興味深いことには、たとえば(ダイエットを目的に)いやいやサラダを選んだとしても、他の誰かがサラダを注文したら、そのネガティブな気持ちは消えるというのです。

もちろん、一緒に食事に行くメンバーを決める時に、常に全員の食生活をチェックできる訳ではありません。そういう時は、自分が最初に注文をすれば、妙なプレッシャーから逃れることができます。それでテーブル全体の流れを決められなかったとしても、高価で不健康なメニューを頼まなければならないというプレッシャーからは解放されます。

When Dieting, Hang with Friends on Similar Mission | Psych Central

Eric Ravenscraft(原文/訳:的野裕子)

Photo by Thinkstock/Getty Images.
swiper-button-prev
swiper-button-next