特集
カテゴリー
タグ
メディア

アプリの「棚卸し」を習慣化したら、スマホをもっと上手に使えるようになった

  • カテゴリー:
  • TOOL
アプリの「棚卸し」を習慣化したら、スマホをもっと上手に使えるようになった

「スマートフォンやタブレットのない生活なんて想像できない!」というあなたに、「アプリをいったん全て捨ててしまえ」というのは酷な話かもしれません。

しかし、スマホをもっと楽しく使うための方法として、ウェブサイト「BuzzFeed」のライターであるCharlie Warzel氏は「アプリを全てアンインストールする」という非常にシンプルな提案をしています。彼の提案はつまり、いったんデバイスをデフォルトの機能だけに戻し、それから徐々に必要なものだけを入れていくということ。『Dropbox』や『Feedly』、銀行のアプリなどは確かに必要かもしれませんね。では『Netflix』は? 『ぱんどせる』はどうでしょう?

必要ないものを取り払うことで、Warzel氏は「携帯を本当に必要なことだけに使える」と言います。

きっと初めは意味のないことのように感じるかもしれませんが、ちょっとした訓練をしているのだと思って下さい。最低でも、「本当に自分に必要なアプリは何なのか」に気がつくことができるでしょう。しばらくすると、生まれ変わったスマートフォンとの付き合いに変化が現れます。アプリの数が少なければ少ないほど、気を散らせることもありませんし、携帯をチェックする回数も減りました

なにもデバイスを空っぽの、意味のないものにしようと言っているのではありません。よく使うアプリだけをダウンロードし(後から読むものに便利な『Pocket』、インタビューの書き写しやToDoリストの作成に使う『Simplenote』、テレビでビデオを見るための『Chromecast』)、すべてのテクノロジーをシャットダウンしてしまうのではなく、本当に必要な機能だけに重点をおくということなのです。私はこの方法を実践してから、さらに電話を使うことが楽しくなってきました。

使用頻度の低いアプリや、頻繁にチェックしているわりにあまり意味がないアプリを消すことで、デバイスのパフォーマンスを上げることもできます。

アプリが少なければバックグラウンドでの負荷やデータサイズも減り、ストレージスペースを増やせます。簡単なアプリの削除方法を探しているAndroid ユーザーさんへは『Easy Uninstaller』がオススメです。iOSユーザーはiTunesから操作してください。

Eric Ravenscraft(原文/訳:Rhyeh)

Photo by Thinkstock/Getty Images.
swiper-button-prev
swiper-button-next