特集
カテゴリー
タグ
メディア

iPhone酔いを防ぐ「視差効果を減らす」機能を試してみた(動画あり)

  • カテゴリー:
  • TOOL
iPhone酔いを防ぐ「視差効果を減らす」機能を試してみた(動画あり)

iOS 7では、壁紙の視差効果やアプリ起動時、フォルダを開いた時などのズームのアニメーションなど、iOS 6とは違う動きをする部分があり、様々なところで話題になっています。

特に、ズームアニメーションは、使っていると乗り物酔いに近い感じになるという話もあり、支障がある方もいるようです。そうでなくても、アニメーションのはじまりと終わりの加速感に馴染めないという方もいるはずです。

このアニメーションを、iOS 7.0.3以降のバージョンでは別の効果に変更できるので、その方法をご紹介します。設定は簡単で、壁紙の視差効果をオフにするのと同じ手順です。

「設定」の[一般]> [アクセシビリティ]>[視差効果を減らす]を「オン」にします。これで、アプリの起動/終了、フォルダのオープン/クローズ時のアニメーションをズームからフェードに変更できます。

iOS 7.0.2とiOS 7.0.3で、動きに違いがあるので、動画に収めました。ご覧ください。

フェードアニメーションは、画面切り替え時のスライドアニメーションと統一が取れていない観もあります。支障を感じる方や馴染めない方以外でも、せっかくの設定項目なので、試してみてどちらか好きな方を選択して使うという方法も考えられるので、試してみてはいかがでしょうか。

また、同じ、アクセシビリティにある[コントラストを上げる]を「オン」にすると、通知センターやフォルダ背景の透過を無効に設定できます。

通知センターやフォルダ背景の透過を無効に

iOS 7の美しさはスポイルされますが、内容を確認し易くなるので、見づらいと感じていた方はお試しください。

(傍島康雄)

swiper-button-prev
swiper-button-next