特集
カテゴリー
タグ
メディア

開きまくったタブをまとめるChrome拡張機能『OneTab』で調べ物はずっと効率良くなる

  • カテゴリー:
  • TOOL
開きまくったタブをまとめるChrome拡張機能『OneTab』で調べ物はずっと効率良くなる

以前、ライフハッカーでも取り上げたGoogle Chromeの拡張機能『OneTab』。たくさん開いたタブをクリックひとつでまとめて整理してくれます。調べ物に没頭していて多くのページを開いた結果、Chromeがタブだらけになっていたという経験をお持ちの方には、強い味方になる拡張機能です。

OneTabは私もお気に入りで、調べ物をする時に重宝しています。今回はその使い方を紹介します。

まずは簡単に機能を紹介します

ツールバーからOneTabのアイコンをクリックすると、開いているタブをすべて閉じると共に「OneTab」タブが作られ、そこへ開いていたタブをまとめます。作成されたタブはリンク集のような見た目で、ページのタイトルが一覧表示されており、クリックするとページを開けます。また、「Restore all」をクリックすれば、すべてのタブを元に戻せます。

区切りのいいところで「OneTab」すると便利

OneTabは、実行した時の時間により、タブの一覧をグループ化して保存されます。この動きをうまく使って、調べ物をしている最中は気になったページをすべて開いていき、区切りの良い時にOneTabを実行するのです。調べた結果のスナップショット的な使い方がオススメです。たとえば、これまでとは異なる内容や、違った角度で調べようと思った時にOneTabを実行。履歴よりも簡単にページをたどれます。

脱線せずに効率よく調べ物を進められる

131020_onetab02.jpg

私の場合は、気になるページを片っ端から開き、タブが10個くらいになったところか、これまでと異なった内容で検索する前に、OneTabを実行してグループを作ります。調べ者にも区切りが付いたら、グループリストのページをゆっくりと吟味していくワケです。

検索しながら内容を吟味していると、別の内容に興味を惹かれて脱線することもありますが、これだとひとつの作業に集中できるので、効率良く進められます。

OneTabは、動作がシンプルなだけに、紹介した方法以外にも使い方が考えられるかもしれません。こんな使い方があるのでは?という方は、ぜひともコメントをください。

OneTab

(傍島康雄)

swiper-button-prev
swiper-button-next