特集
カテゴリー
タグ
メディア

「教室」の意義が変わる? 「MOOC」が学びの現場に変革を起こしつつある

「教室」の意義が変わる? 「MOOC」が学びの現場に変革を起こしつつある

「そこでは、みんな仲良く暮らしていて、親しげに話し合い、争いもおきていません。私は、MOOCこそが世界を平和にするのではないかと思います」 2013年1月、スイスのダボスで行われた世界経済フォーラムで、パキスタンから来た12歳の少女はこのように語りました。

MOOC」とは大規模公開オンライン学習講座(Massive Open Online Course)のこと。ネット環境があれば、世界の有名大学の講義をだれでも無料で受けられる仕組みです。記事冒頭の言葉は、国内外のイノベーションを様々な切り口で紹介するウェブメディア『Mugendai(無限大)』で紹介されていたもの。

Mugendai(無限大)はMOOCの革新性を3点取り上げています。中でも注目したのが「反転教室」というコンセプトです。

2. 反転教室

「反転教室」とは、「教室で講義や知識を得て、家で定着させる」一斉授業から、「家で動画による講義を受けたあと、それをもとに教室で議論や発展的な課題を行う」学習へと、学びの空間や役割を逆転させるというコンセプト。MOOCによって既存の講義の価値が揺らぐ今、こうした「反転教室」の提供にどれだけ真剣に取り組めるかが大切になっていきます。

インターネットによって音声や動画の配信が容易となった今、これまでの「教育」が転換点に差し掛かっているのでしょう。日本でも東京大学や京都大学が協力して提供がはじまる予定だそう。

MOOCと同様ではありませんが、最近は「schoo」や「mana.bo」など、教育系のスタートアップも盛り上がってきています。パキスタンでも、日本でも、そして世界でも。Mugendai(無限大)が挙げていた3つの転換点を含め、これからは「いかに学ぶか」がより注目されていきそうです。

世界の学びを根底から変える――"MOOC"がもたらす3つのイノベーション | Mugendai(無限大)

(ライフハッカー[日本版]編集部)

swiper-button-prev
swiper-button-next