特集
カテゴリー
タグ
メディア

職場でアクセスがブロックされているサイトでも、Google翻訳経由なら表示可能、かも

  • カテゴリー:
  • TOOL
職場でアクセスがブロックされているサイトでも、Google翻訳経由なら表示可能、かも

学校やオフィスでは生産性を著しく下げる可能性を持つサイトへのアクセスがブロックされていることが多々ありますが、生産性を下げるためにはどんな努力でも惜しまない我々はどこからともなく解決策を見つけてきてしまうものです。

Redditに投稿されていたsidewayssammichのポストによると、アクセスがブロックされているサイトをGoogle翻訳経由で開くと表示させることが可能になる、というのです。やり方は表示させたいページのURLをコピーし、Google翻訳にペーストするだけ。左側に言語を選択する箇所があるので、「言語を自動検出」以外を選択し、英語や日本語など自分の理解できる言語へ翻訳させます。完璧な状態での表示が無理なこともありますが、少なくとも内容を理解できるような状態で表示させることが可能です。

表示させたいページのURLをコピーし、Google翻訳にペースト

うまくいかないケースもあるかと思いますが、うまくいった!という報告もかなりたくさん来ているので、アクセスブロックにいつも涙を呑んでいる方も、今後は満面の笑みを浮かべて生産性を下げることができます

ここからは、大事な注意。アクセスブロックの理由が生産性云々ではなくセキュリティの観点によるものだった場合、アクセスするべきかどうかは事前にちゃんと考えて判断してみてください。Googleサービスを使ってできることは実は他にもあるので、気になった方はこちらもチェックしてみてください。

LPT: If a website is blocked on your work/school internet, you can use google translate as a proxy | Reddit via MakeUseOf

Whitson Gordon (原文/訳:まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next