特集
カテゴリー
タグ
メディア

博多の次世代「センター候補」土産は、プリンにチョコに、スペシャリティコーヒー

博多の次世代「センター候補」土産は、プリンにチョコに、スペシャリティコーヒー

ライフハッカーアーカイブ記事「指原、これ買ってきて!鉄板の博多土産5選」では、博多で定番のお土産をご紹介しましたが、こちらはその第2弾。

まだまだ、博多には美味しいお土産がたくさんあります。

1.ラーメン

JR博多駅にある「博多デイトス 麺街道」では、「元祖博多だるま」や「博多 一幸舎」など、地元のソウルフード・博多ラーメンの有名店が、軒を連ねています。もちろん、店舗でいただくのが一番ですが、各店では、お土産用セットを販売中。ラーメン好きの家族や友人とともに、自宅でいただくこともできるのです。ちなみに、ちょっぴりせっかちな博多人は、「バリカタ」(堅めの麺)で食べるのがメジャーだとか。

2.スイーツ

130926hakata_2.jpg
福岡の手づくりプリン専門店として知られる「西通りプリン」。大きめサイズとかわいらしいカップが特徴です。人気ナンバー1の蒸しプリン「ポシェ」のほか、ショコラ・抹茶など、定番は5種類。

また、秋限定商品として、和栗も販売されています。「福岡になかなか行く機会がない」という方は、首都圏のターミナル駅などで期間限定で出店する「駅ナカ販売」を利用するのもいいかも。

福岡・博多の人気スイーツといえば、ショコラ専門店「チョコレートショップ」も有名です。「生チョコ1942 博多の石畳」や一番人気のチョコレートケーキ「博多の石畳」なら、本格派のチョコレート通も、きっと大満足です。

3.コーヒー

130926hakata_3.jpg
カフェ好きの方は、福岡のカフェ巡りもおすすめ。

ブラジレイロ」は、1934年創業の老舗カフェ。昭和モダンを現代に伝える佇まいもさることながら、自家焙煎のコーヒーも、創業以来の伝統です。店頭では、クラシックブレンドやドリップバッグなど、自宅で「ブラジレイロ」のコーヒーが楽しめる商品が販売されています。

また、最近流行の「サードウェーブ派」には、福岡に拠点を構える、スペシャリティコーヒーの専門店「manu coffee(マヌコーヒー)」がイチオシ。ドリップバッグやコーヒー豆が、店頭で販売されています。パッケージのデザインもオシャレなので、お土産代わりにも最適です。

この中から、次世代の博多土産の「センター」が生まれるかも!? 皆さんも、知られざる博多のお土産情報がありましたら、ぜひ教えてくださいね。

(松岡由希子)

swiper-button-prev
swiper-button-next