特集
カテゴリー
タグ
メディア

全ての出費に名前を付けて無駄使いを減らす節約術「ゼロ計上メソッド」

全ての出費に名前を付けて無駄使いを減らす節約術「ゼロ計上メソッド」

給料の使い道を計画する場合、特に目的が決まっていないいわゆる「雑費」と呼ばれるカテゴリーを設けている方は多いかと思います。

衝動買いや外食、娯楽などに思わず使ってしまうお金が雑費として計上されるわけですが、ファイナンシャルブログ「Get Rich Slowly」によるとこの「雑費」というカテゴリーを失くして、全てのお金の行き先をより明確に定めた方が良いのだそうです。アイデアはとてもシンプルです。給料が出る前に何にいくら使うかというのを最後の1円までとは言いませんが、100円単位くらいまで決めておくと無駄な出費を効果的に抑えることができます

支払いが終わった後にまだお金が少し残っている場合はローンを前倒しで返済したり、貯蓄に回しておきましょう。

何か高額なものを買うために貯金する必要がある場合はその貯金用のカテゴリーをあらかじめ予算に組み込んでおけば、目的のないお金が生まれてくることを避けることができます。

収入と出費のプラスマイナスをゼロにする「ゼロ計上メソッド」により、強制的に全てのお金の行き先が定められるので、効率のよいお金の管理が可能になります。外食などに何となくお金を使ってしまうのではなく、必要なカテゴリーにお金を振り分けておくことが大切です。

もちろん、当初の計画にはなかった突発的な出費も念頭に入れておく必要があるので、それ用のカテゴリーも設けるべきですが、全てのお金に名前を付けることにより、お金をより計画的に扱うことが可能となるというわけです。

Eric Ravenscraft(原文/訳:まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next