特集
カテゴリー
タグ
メディア

どこに行けば買えますか...Raspberry Piで作った渋かっこよすぎるステレオ

どこに行けば買えますか...Raspberry Piで作った渋かっこよすぎるステレオ

Raspberry Piでステレオを作ったと聞くと、コンパクトでピカピカ光る物体をイメージしますよね。しかし、DIYマニアのTodd Kumpfさんはまったく逆のアイデアを持っていました。Raspberry Piと艶消しアルミニウム、スイッチ、そして染色加工の木材を使って、超かっこいいレトロなステレオを製作したのです。

131011raspberry_pi_stereo1.jpg
この佇まいたるや...。

Raspberry PiをAirPlayレシーバとして使い(やり方は以前紹介しましたね)、昔懐かしのターンテーブルやオシロスコープと組み合わせました。

131011raspberry_pi_stereo2.jpg
Raspberry Piのマークが見える。

131011raspberry_pi_stereo3.jpg
あたたかみのある計器類。

131011raspberry_pi_stereo4.jpg
スイッチを切り替えて...

131011raspberry_pi_stereo5.jpg
天板を開ければ...

131011raspberry_pi_stereo6.jpg
レコードも再生できます。

131011raspberry_pi_stereo7.jpg
再生中はオシロスコープでリズムを表現。シビレル!

これでも足りないと言うなら、モニターにパックマンなど懐かしのアーケードゲームを映し出すことだって可能。ああ、なんて美しいステレオなんだ!

Kumpfさんが製作過程を写真で詳しく解説してくれています。下のリンクをチェック!

Not your Grandpa's stereo: Plays vinyl, music of wi-fi, and classic arcade games | HardForum via Hack a Day

Thorin Klosowski(原文/訳:伊藤貴之)

swiper-button-prev
swiper-button-next