特集
カテゴリー
タグ
メディア

写真写りがグッと良くなる笑い方の6つのコツ

cafeglobe

写真写りがグッと良くなる笑い方の6つのコツ

cafeglobeより転載:誰でも、1度は「写真写り」について考えたことがあるのではないでしょうか。アメリカの人気オーディション番組『America's Next Top Model』の審査員もしている写真家のナイジェル・バーカー氏が、ステキに見える笑い方のコツを6つ教えてくれています。

1.ちゃんと目も笑う

「笑顔」に含まれるのは口だけではありません。目も笑っているかどうかが重要です。バーカー氏は「笑顔っていうのは、内側から出てくるものだから、メンタルが関係するんだ」と言っています。

カメラを見て、自分の気分が良くなるものを頭に思い描きましょう。例えば、ファーストキスの想い出、自分の子ども、大好きなデザートのことなど。思わず笑みがこぼれてしまうでしょう。

2.「チーズ」と言う

「チーズ」は、使い古された言い回しだと思う人もいるでしょう。でも実際、効果は抜群なのです! 口を開いてステキな笑顔が自然に作れます。声に出さず、自分にだけ聞こえるように言っても良いでしょう。

3.歯のホワイトニング、唇のケアをしておく

歯のホワイトニングケアは、専用の歯磨き粉を使って自分でもできます。それから、青系ベースの赤い口紅は、黄色を白に見せる効果があるので、歯を白く見せてくれます。

4.あごを上げる

二重あごで写真におさまるのを防ぐためです! さらに言うと、お腹をひっこめて、あごを少し突き出すようにすると、胸のラインをキレイに、首を長く見せられます。

5.自分のベストな角度を見つける

「真正面からがベストな角度」という人は、非常にまれです。写真には、自分のベストな角度から写るように、頭を傾けましょう。

6.優しくなる

自分に優しくなりましょう。自分に対してネガティブにならず、リラックスしてハッピーでいることが、ステキな写真になる確実な方法と言えます。

バーカー氏からの最後のアドバイスは「とにかく自信を持って! 結局一番人を惹きつけるのは、自信がある態度だよ」。

次に写真を撮られるときは、この6つのコツをちょっと思い出してみてください。写真におさまるあなたは、いつもよりもっとステキな笑顔をしているでしょう。

dailyglow

(土井彩子)

Photo by Thinkstock/Getty Images.
swiper-button-prev
swiper-button-next