特集
カテゴリー
タグ
メディア

Office 365が無償で提供されるプログラム:NPO向けの取り組み

  • カテゴリー:
  • TOOL
Office 365が無償で提供されるプログラム:NPO向けの取り組み

働く場所や携わり方が多様なNPO(非営利団体)。だからこそ、クラウドサービスが最適なのかもしれません。

日本国内のNPOに対して、マイクロソフトのクラウド グループウェア『Microsoft Office 365』が無償または安価で提供されるようになりました。本日10月1日から始まっています(写真は9月30日に開催された「Office 365非営利団体向けプログラム」開始記念イベントの様子)。提供されるのは、電子メールや『Lync』(オンライン会議サービス)、『SharePoint Online』(ファイル共有サービス)やOffice Web Appsの各サービス。これらが無償で提供される「E1 プラン」に加え、「E3 プラン」では1ユーザーあたり月額410円で各種Officeを利用できます。

対象となるのは、認定NPO法人、NPO法人、一般社団法人(非営利のみ)。日本マイクロソフトのこちらのページから申請後、数日で認証がおり利用できるようになるとのこと。

話は決してNPOに限った話ではありませんが、離れた距離間でのコミュニケーションやファイルの共有、スケジュールの調整においてIT/クラウドの活用が作業効率の鍵を握るのは言うまでもありません。

詳細は、以下リンク先をチェックしてみてください。

Office 365非営利団体向けプログラム

(年吉聡太)

swiper-button-prev
swiper-button-next