特集
カテゴリー
タグ
メディア

水と電子レンジですぐできるカレーライスがおいしい。今ならツイートするだけで試せるチャンス

Sponsored

水と電子レンジですぐできるカレーライスがおいしい。今ならツイートするだけで試せるチャンス

日常には何かと「めんどくさい」と考えてしまうことが多いもの。ライフハッカーではそれらを先延ばしせずにやっつけるコツを度々紹介してきました。でも、まだまだ、めんどくさいことばかりです。

130927cupcurry_5.jpg

そんな毎日を救うべく、「カレーぐらいは、カンタンに。」のキャッチコピーで日清食品が9月2日に発売した「日清カップカレーライス ビーフカレー」。わずか3ステップでおいしいカレーライスが食べられる一品です。つくってみた様子は動画にて記事後半で紹介しますが、びっくりするほどちゃんとカレーで、びっくりするほどおいしかった

「めんどくさい」ことをつぶやけば、ごちそうしてもらえるかも

130927cupcurry_2.jpg

それにしても仕事ってのは、どうしてめんどくさいことばかりなのでしょう。同じ資料を人によって紙とPDFに分けて提出したり、本当に必要かわからない資料をまとめたり、気の向かない接待があったり...いや、どれも仕事ですからちゃんとやります。でも、気が重い。

130927cupcurry_13.jpg

実はいま、日清食品がカップカレーライスのユニークなキャンペーンを展開しています。身のまわりの「めんどくさい」ことを特設サイトからツイートすると、抽選でカップカレーライスが当たるのです。仕事で抱えているめんどくさいこと、ToDoリストに入れたまま残りっぱなしになっていること、きっとあるはず。それ、つぶやいちゃいましょう。

9月29日(日)21時よりニコニコ生放送でライブ配信される番組内で、そのツイートが採用されるとカップカレーライスを贈呈。他にも、番組に参加するとプレゼントのチャンスがあるそう。日頃、みんなが思っている「あるある」なめんどくさいことを笑い飛ばしてやろうっていう番組みたいですから、ビール飲みながら見ると楽しそう。

「当たるのはいいけど、カップカレーライス、どうなの?」という声も聞こえてきそうなので、全種類つくってみたところを以下に載せておきます。

「あ、カレーだ」ってびっくりするほどにちゃんとカレー

一連の流れをVineでまとめてみました。カップカレーライスに必要なものは「水」と「電子レンジ」だけ。材料を混ぜ合わせて水を注ぎ、フタをして5分半(500Wの場合)レンジにかけたらできあがり。開ける、注ぐ、混ぜる、チン。これでしっかり煮込んだようなカレーの味わいを楽しめるのだから、すごい。

130927cupcurry_7.jpg

レトルトカレーは一般的に「ルーだけ」ですが、カップカレーライスはお米も具材も入っています。見た目以上に食べ応えがあって、ボリュームも十分。カレーと一緒に仕上がるので、お米はやや柔らかめですが、食感はしっかりしています。お米の「粒」がよりハッキリするので、できたてよりも少し冷めたくらいが私は好み。

130927cupcurry_6.jpg

ラインナップは甘口、中辛、辛口の3種類。編集部の食いしん坊たちと食べ比べてみると、辛さだけでなく、味わいも個性的でした。

130927cupcurry_8.jpg

甘口:やさしい口当たりで、野菜からくる甘みを感じます。スパイシーさはなく、どこか懐かさを覚える味わい。子どもでも食べやすいはず。風邪を引いたときや朝ごはんに合いそう。

中辛:レギュラーで食べるならコレ!と思うバランスの良さ。辛さもほどよく、たとえるなら「定食屋」や「学食」で食べるような万人向きのおいしさ。お昼ごはんとして最適。

辛口:激辛というほどではないものの、食べていると汗をかくほどの本格的なスパイシーさ。カレーを吸ったビーフのおいしさはピカイチ。夜ごはんとしてお酒と一緒に、あとは二日酔いのときにあったら嬉しい。

カレーを食べたい気持ちをめんどくさくなく叶える方法

130927cupcurry_4.jpg

手間をかけずに満足感をしっかり得られる。「カレーを食べたい気持ちをめんどくさくなく叶える方法」と考えると、カップカレーライスはある意味でライフハックなごはんといえるのかもしれません。

余談ですが、仕事で遅くなった帰り、「こんな時間だけどカレー食べたい」って思った時にすぐ食べられるのがツボにハマりました。缶ビールを買っても500円におさまるのが魅力的。カレーとビールってなんでこんなに合うのでしょうね。

カップカレーライスはシンプルな作り方で「めんどくさい」をおいしく解消してくれました。では、私たちのリアルな「めんどくさい」はどうすべきか。ライフハッカーでも今後さまざまな作戦を紹介していきますが、ひとまずはカップカレーライスの特設サイトから共有して、日曜日の生放送で笑いのタネにしてしまいましょう。「実はなんてことないことだった」と思えれば、手をつけやすくなるかもしれませんよ。

日清カップカレーライス

(長谷川賢人)

swiper-button-prev
swiper-button-next