特集
カテゴリー
タグ
メディア

それぞれの数字の意味は? プレゼンのための「10/20/30ルール」

それぞれの数字の意味は? プレゼンのための「10/20/30ルール」

スライドに情報を詰め込み過ぎた、文字だらけのPowerpointによるプレゼンは退屈極まりないものになるでしょう。この問題の解決策を、起業家のガイ・カワサキ氏が提唱しています。

プレゼンで聴衆を退屈させないための「10/20/30 ルール」。それぞれの数字の意味を説明していきましょう。カワサキ氏も、退屈なプレゼンに我慢を強いられた経験があるのは間違いないでしょう。同氏は聴衆が耐えられる説明的なスライドの枚数はせいぜい「10」枚程度で、それも、個々のスライドが問題の解決や学ぶべき重要な側面に直結している場合に限っての話だとしています。

20」は時間制限です。たとえ1時間の枠が与えられたとしても、準備に手間取ったり、遅れてくる来場者がいたり、非常に重要な質疑応答に時間を割いたりすることを考えれば、プレゼンに充てる時間は長くても20分までにすると良いでしょう。

そして「30」は、文字の大きさを30ポイント以上にすべきだという意味です。これは、創造的で洗練された制約といえます。文字だらけのスライドに対する直接的な対処法となりえるでしょう。

人がプレゼンで小さなフォントを使うのには2つの理由があります。1つはプレゼンター自身が内容を十分に理解してないこと。もう1つは、文字量が多いほど説得力があると信じていることです。まったく馬鹿げた話です。

30ポイントより小さな文字は使わないようにしてください。そうすれば、要点は何か、それをどのように説明すべきかを考える必要に迫られるため、あなたのプレゼンはずっと良くなります。

「30ポイント」と押し付けられることに抵抗があるなら、こんな方法もあります。まず聴衆の中で最年長の人を探し、その人の年齢を2で割るのです。それが、あなたのプレゼンにとって最適な文字の大きさです。

ウェブ技術系情報サイト「ReadWrite」でも、「Death by PowerPoint」(PowerPointによる死)というスライドを紹介しています。

PowerPointのプレゼンで聴衆が退屈にさせられる状態を揶揄したもので、これ自体とても優れたPowerPointのプレゼンになっています。

聴衆がせっせと電子メールをチェックしているような退屈極まりないプレゼンにならないよう、あなたが自分自身に課している「制限」は何かありますか?

The 10/20/30 Rule of PowerPoint [How to Change the World via ReadWrite]

Kevin Purdy(原文/訳:風見隆/ガリレオ)

Photo by Thinkstock/Getty Images.
swiper-button-prev
swiper-button-next