特集
カテゴリー
タグ
メディア

現在地の津波の「浸水深」をシミュレーションしてくれる港区公式アプリ

現在地の津波の「浸水深」をシミュレーションしてくれる港区公式アプリ

「備えあれば憂いなし」という言葉はよく耳にする言葉ではありますが、普段からの備えが非常に大切なのは言うまでもありません。

東京都港区が開発した『港区防災アプリ』は、港区で働く人や住んでいる人向けに作られたiPhone/Androidアプリ。このアプリを使うと、位置情報やセンサーを利用した津波浸水深の3Dイメージや、液状化マップなどをチェックできます。

港区防災アプリ2

このアプリでは、「津波浸水深3Dイメージ」「津波浸水予測図」「津波動画(実際に津波が港区のどのあたりまで到達するのか時間を追って説明したもの)」などの機能を利用できます。

港区防災アプリ3

こちらは津波浸水予測図です。緑色の場所は「浸水深」が15cm~50cm未満、水色の場所は50cm~80cm未満を表しています。

港区防災アプリ4

液状化マップです。赤色の場所が、液状化の可能性が高い地点となっています(マップはピンチイン・ピンチアウト可能)。

港区防災アプリ5

津波動画では、津波の到達する地点を時間の経過ごとに確認できます。

港区防災アプリ6

津波浸水深の3Dイメージは、カメラに映る風景に、元禄型関東地震が発生した場合の津波による「浸水深」を重ね合わせて表示させたもの。起動すると、現在地の浸水深を調べられます。

このほか、避難所一覧や災害用伝言ダイヤル(外部リンク)、AED利用方法といった情報にアクセスできます。港区限定ですが、区内で勤務している(住んでいる)人はチェックしてみると良いかもしれません。

港区防災アプリ(iOS版Android版

(安齋慎平)

swiper-button-prev
swiper-button-next