特集
カテゴリー
タグ
メディア

科学が教えてくれる! 仕事中のコーヒーに砂糖を入れた方がいい理由

科学が教えてくれる! 仕事中のコーヒーに砂糖を入れた方がいい理由

コーヒーブレイク中に集中力を高めるための副次的効果を求めるなら、コーヒーに何か甘いものをプラスするのがおすすめです。カフェインとブドウ糖が一緒になると「効果」を発揮するという研究結果があります。

普通のブラックコーヒーにカロリー追加するのを推奨している訳ではありませんが、カフェインの入った飲み物と一緒に少量の砂糖を摂取すると、通常よりも記憶力が上がり、試験により集中できるということが研究で分かっています。

カフェインとブドウ糖の組み合わせを摂取した被験者は、(片方だけを摂取した人や、何も摂取してない人に比べて)頭頂葉皮質と左の前頭葉前部皮質を使う作業をする際の脳への負担が少なかったです。この作業というのは、集中力や作業記憶を必要とするもの。(中略)

カフェインとブドウ糖という2つの物質の複合効果によって、作業能力やパフォーマンスが低下せず、より効率的に作業ができることが分かりました。

カロリーが気になるという人は、過去記事の「カフェインとカロリーのビミョーな関係、早見表」をチェックしてみてください。

またカフェインが脳に及ぼす影響については、こちらの過去記事をどうぞ。

Caffeine and glucose combined improves the efficiency of brain activity [ScienceDaily via @ExpertDan]

Kevin Purdy(原文/訳:的野裕子)

Photo by Thinkstock/Getty Images.
swiper-button-prev
swiper-button-next