特集
カテゴリー
タグ
メディア

秋の行楽シーズンに猛威をふるう、スズメバチへの基本対策

cafeglobe

秋の行楽シーズンに猛威をふるう、スズメバチへの基本対策

cafeglobeより転載:山などへの外出が増えるこの時季こそ気を付けたいのが、スズメバチ。特に今年は要注意だそう! なぜなら、猛暑日が続いたことでスズメバチの餌となる虫が大量発生。それに伴ってスズメバチも増えてくるのです。他に、雨量が少なかったこともスズメバチが増える原因に。台風こそあったものの、少雨ではスズメバチの巣が落下せず、ハチの生存率が上がったと言われています。

8~10月は、巣の中にいるスズメバチの数が最大になり、かつ攻撃的になる時季! 容易に巣やハチに近付かないことはもちろん、刺されないようにするためには、以下のことを守りましょう。

  • スズメバチは黒を攻撃する習性があるので、白の帽子や衣服などを身に着ける
  • 肌を露出しない
  • スズメバチは匂いに敏感。香水や整髪料など匂いの強い化粧品はなるべく使わないようにする
  • 甘いジュース類は飲まないようにする。飲み残しのあるペットボトルや缶を放置しない
  • 自宅では、洗濯物の中にハチが潜んでいないか注意して取り込む
  • 車の窓は開けっ放しにしない
  • スズメバチに遭遇したら、大声で騒がない。静かにその場を離れるようにする

以上のことを守っても、もし刺されてしまったらすぐに病院へ!

まずは応急処置として、傷口を指で絞って毒液を出し(口で吸わないように)、流水でよく洗い流しましょう。そして、市販の抗ヒスタミン剤軟膏を塗って病院へ急いでください。「ハチに刺された箇所にアンモニアや尿をかけると良い」という俗説がありますが、これは全くのデタラメです。

またスズメバチに刺されたことによる死亡原因のほとんどは「アナフィラキシーショック」と呼ばれるもの。1度ハチに刺されると、体内にはハチ毒に対する抗体ができます。2度目に刺された場合、この抗体が過剰に反応。アレルギー性のショック症状を引き起こし、最悪の場合には死に至るのです。

「アナフィラキシーショック」は刺されてから1時間以内に発症し、急激に症状が進みます。2度目に刺された人が必ずしも「アナフィラキシーショック」を起こすわけではありませんが、何度も刺されるというのは絶対に避けたい状況です。

楽しいはずの行楽が思わぬトラブルに見舞われないためにも、十分気を付けて楽しんで下さいね。

京葉蜂駆除サービス

「アンモニアをかける」は嘘! 秋の行楽シーズンに猛威をふるうスズメバチ対策|cafeglobe

(六島京)

Photo by Thinkstock/Getty Images.
swiper-button-prev
swiper-button-next