特集
カテゴリー
タグ
メディア

発言する前に考えるべき5つの事柄

発言する前に考えるべき5つの事柄

Dumb Little Man:他人から見た自分のイメージが良くなり、より良い交流が保て、心の平安を手に入れるには、「発言する前に考える」ことが大切です。

下記に、言葉が口から出る前に考えるべき5つの事柄を挙げます。

1.相手の発言や行動に意図はあったのか?

誰かの発言や行動に反応する際、私はまず相手の意図を理解しようとします。それがワザと言ったことなのか、それとも無知ゆえの行動だったのかを自分自身に問うのです。

もし相手の行動や発言が無知からくるものであれば、上手な切り返しを考えるためにエネルギーを使う必要はありません。刺のある切り返しは理解されないでしょうし、理解されないからと躍起になっても気分は晴れません。

2.何に対して反応しているのか?

誰かの嫌味な発言に反応しようとしたら、気をつけてください。言葉を発した人を嫌っているのか、発言や行動自体に反応しているのか、それとも自分自身が悪く捉えているだけなのかを考えるのです。

自分が相手を嫌いなら:相手が何を言っても同意することは無く、反応しても関係がよくならないのなら、いちいち反応する必要がない。

発言に反応するなら::まずは少し考え、相手の発言に反対しながらもバカにしたり、守勢的になったり、間違えたと感じさせたりしないように言葉を上手に選びます。沈黙を保つわけではありません。

加えて、最近イライラしたことがあったのかと自分に問います。駐車違反の切符を切られたなど、怒りの感情がある時にたまたま目の前にいた人に八つ当たりするのはフェアじゃないですよね?

3.どのような人になりたいのか?

自分の発言が自分自身を表す」ことは、よく覚えておくべきです。

私は若かった頃、社交の場で「お仕事は何をされているのですか?」と聞かれる度に「女性のものまね芸人です」と答えていました。人々を煙にまく、我ながら賢い答えだと思っていました。このように答えれば人々は私を見つめ、何と答えればいいのかわからず言葉を失います。今はこんな風に話しません。自意識過剰だったのです。

今となっては正直に、思いやりのある発言をしています。そのような人になりたいですし、そう思われたいのです。言葉はパブリック・イメージにつながります。きれいな服や整えた髪と同じ、もしくはそれよりも大事なことだと思います。

頭に浮かんだ言葉をただ口にする前に、どのような印象を残したいのか、どのような人になりたいのかを考えてから発言するのが良いでしょう。

4.相手とはどのような関係なのか?

もし、相手が大切な人であれば、どれだけ重要な人なのかを理解してもらうのが大切です。自己主張をし、我を通すのが重要事項ではない。かといってウソをつき、我慢をして相手を喜ばせるのもちがいます。会話や発言の意味をよく考える必要があるということです。

信頼を得たいのか、自分の能力を見せたいのか、優しさや理解力、協調性を示したいのか。どのような資質を相手との関係の中で育てたいのでしょうか?

また、ユーモアやウィットに富んだ切り返しをする前に、ネガティブにならずに会話ができるのかを考えましょう。そういう発言をしすぎると、浮いてしまうかもしれませんよ。

5.誰を批判しているのか?

先週、ボーイフレンドがある日の私の行動について「少しぼんやりしていたね」と言ってきました。しかし、その日あったことなどを考えてみましたが、「ぼんやり」という気分はありません。でも、その朝、ボーイフレンドが仕事へ行く前に財布を忘れたことを思い出しました。

実は、ボーイフレンドは自分自身の短所を私に投影し、批判していたのです(私もたまにしてしまいます...)。このようなケースもあるので、他人に批判的な反応をする前には、自分自身の嫌な部分を投影し、それを批判しようとしていたのではないか、と自分に聞いてましょう。

教会の日曜学校で教えてくれた、「良いことが言えないのであれば、何も言わないようにしましょう」を支持しているわけではないのですが、私も過去の出来事で、会話がヒートアップした時や、あまり好きではない人の発言などに対して、反応した言葉を取り消せたらと思うことがあります。でも、今は皮肉などは友達との会話に留めておくことを学び、「発言する前に考える」習慣ができていることに感謝しています。

Five Reasons to Think Before You Speak - by Dumb Little Man

Deborah Hawkins(訳:tomo)

Photo by Jodimichelle
swiper-button-prev
swiper-button-next