特集
カテゴリー
タグ
メディア

MacのFinderで覚えておくと便利なショートカット10選

  • カテゴリー:
  • TOOL
MacのFinderで覚えておくと便利なショートカット10選

Macユーザーの方なら、ファイルの参照などで「Finder」を必ず使うでしょう。Finderにはたくさんのショートカットが用意されており、これらを覚えておくと、とても素早く操作ができて便利ですよ。

今回はショートカットを10個まとめてみました。

1.『Command』 『↓』

選択しているディレクトリを開く。

WindowsならEnterキーで開けますが、Macだとそうはいきません。「下の階層へ進むから下矢印キーを押す」と覚えておくと思い出しやすいです。

2.『Command』 『↑』

1つ上の階層へ移動する。

現在表示しているディレクトリから、1つ上のディレクトリに移動できます。(1)のショートカットキーと合わせて覚えておくと便利ですね。

3.『Command』 『数字キー』

Finderの表示切り替え。

Finderには「一覧で表示」「アイコンで表示」などいくつかの表示モードが用意されています。それらを切り替えることができるショートカットキーになります。用途に応じてパパっと切り替えられると便利ですね。

4.『Command』 『Shift』 『D』

デスクトップへ移動。

Finderで現在表示しているディレクトリから一発でデスクトップのディレクトリまで移動できるショートカットキーです。デスクトップにあるファイルを参照したいときに便利。

5.『Enter』

ファイルの名前変更。

Windowsだとファイルやディレクトリを開けますが、Macではファイルの名前変更ができます。慣れると名前変更がささっとできて便利。

6.『Control』 『Command』 『数字』

ファイルのソート。

ファイルを日付順やアルファベット順に並べ替えます。ディレクトリの表示切り替えのショートカットキーと一緒に覚えておきたいコマンドです。

7.『Command』 『O』

選択しているファイルを開く。

ディレクトリを選択している場合は、1つ下の階層へ移動できますよ。

8.『Command』 『Delete』

選択しているファイルの削除。

選択しているファイルをゴミ箱へ移動させます。複数選択し、まとめて削除も可能。また、ファイルを閉じるときに「ファイルを保存しますか?」と聞かれて「いいえ」を選択したいときに、このコマンドが使えることもあります。

9.『Command』 『Y』

クイックルック。

ファイルを簡易モードで閲覧できます。MacBookをお使いの方は、三本指でシングルタップしても同じ動きになりますよ。高速でファイルの中身を確認できるので便利です。

10.『Command』 『 , (カンマ)』

設定を開く。

Macのアプリケーションではこのコマンドで設定画面を開けます。Finder以外にも色んなアプリケーションでこのショートカットキーが使われているので、覚えておくと何かと助かります。

いかがでしょうか。これらのショートカットキーをマスターすると、ファイルやディレクトリ操作が早くなり便利ですよ。ぜひ1つずつ覚えていきましょう。

(カメきち)

Photo by Yeray Hernandez.
swiper-button-prev
swiper-button-next