特集
カテゴリー
タグ
メディア

デスクのスペースをお金をかけずに拡張する3つの作戦

デスクのスペースをお金をかけずに拡張する3つの作戦

整理が得意な方でも、デスクに物を置くスペースがなくなってきてしまうことはあるでしょう。誰でもぶつかる問題です。不要なものを処分し、ケーブルを整理しても、まだスペースが足りないこともあります。今回は、あまりお金をかけずにデスクのスペースを増やす方法を紹介します。

1.物を持ち上げちゃえ!

130919deskspace2.jpg

デスクが埋まってしまったなら、物を持ち上げてスペースを作りましょう。デュアルモニターにしているなら、横ではなく縦に並べるだけでもスペースの節約になります。それが嫌なら、デスクの上ではなく、デスクの背後にモニターを据え付ける方法もあります。これなら、現状の配置をさほど変えずにスペースを広げられます。

また、デスクに脚の短いスタンドを置いて、そこへモニタを上げてしまうのもアリ。12USドルで自作できるIKEAスタンドTwelve South社のHiRiseスタンドを以前に紹介しましたね。モニターは目の高さにあるべきなので、持ち上げるほうが人間工学的にはむしろ望ましいといえます。

スピーカーも同じ。スタンドを自作するか購入すれば、スペースは増えます。

2.小物はモニターの裏に隠しとけ!

130919deskspace3.jpg

普段は忘れ去られていますが、モニターの裏は小物を収納するのにぴったりな場所です。

スピーカーやライト、ペンなどの小物を隠しておく収納システムを作ったり、小さな棚を自作するかiMac用の棚を買って据え付けるのもあり。いずれにせよ、モニターの裏は物を隠すのにぴったり。使わない手はありません。

3.デスクの下を使い倒せ!

130919deskspace4.jpg

デスクの下にも使えるスペースはあるって気づいていますか? 少し創造的になれば、ここほど物を収納できるスペースはないのです。

ベルクロ(マジックテープ)を使って外付けハードドライブを格納したり、フックを使ってヘッドホンのハンガーを据え付けたりできます。また、バスケットを置けば大きな収納スペースにペグボードはガジェット置き場になります。まさに工夫次第です。

もちろん、大きなデスクに買い換えてもいいですが、少しのスペースなら工夫次第でどうにでもなります。きっと新しい収納スペースを作り出せるはずです。がんばってください!

Thorin Klosowski(原文/訳:伊藤貴之)

swiper-button-prev
swiper-button-next