特集
カテゴリー
タグ
メディア

面接で即採用! そんなときは少なくとも1日かけて会社のことを調べよう

面接で即採用! そんなときは少なくとも1日かけて会社のことを調べよう

面接の直後に即採用と言われると、うれしい反面、すぐに採用しなければならないような理由があるのではないかと考えてしまうものです。米メディア「US News」のLindsay Olson氏は少し調べてから返事した方がいいと言っています。

就職の面接を受けた後の合否の知らせを待つ悶々とした時間。短いに越したことはありません。しかし、20分の面接の最後に人事担当者から(突然)採用しますと言われた場合は、逆に頭を抱えることになります。

面接するのは自分だけだったのか? それとも、面接する前から採用することが決まっていたのか? なぜそんなに採用を焦っているのか? そういう時は、少し考えさせてくださいと言って、一旦家に帰りましょう。そしてその会社が採用を焦っている理由が何なのか、できる限り調べた方がよいでしょう。

別に採用の決断が早かったからというだけで、その会社に入社しない方がいいという訳ではありません。会社が一刻も早く働いて欲しいと言っても、その通りにすぐに働く必要はないということです。

ときには直感を信じて行動することも大事です。しかし、面接を受けた会社についてあまり詳しく知らないのに、できるだけ早く働いて欲しいと言われた時は、少なくとも返事をするまで1日は時間をもらいましょう。

1日あけただけて採用の話が無くなってしまったのであれば、いずれにしても受けない方がいい話だったということかもしれません。

5 Interview Warning Signs That You Shouldn't Take the Job | US News

Adam Dachis(原文/訳:的野裕子)

Photo by Eric Krouse (Shutterstock).
swiper-button-prev
swiper-button-next