特集
カテゴリー
タグ
メディア

Macを使っていて、画面に通知バナーが残ったままになった時に消す方法

  • カテゴリー:
  • TOOL
Macを使っていて、画面に通知バナーが残ったままになった時に消す方法

OS X Mountain Lionのリリースが2012年7月25日なので、もう1年以上が経過します。リリースされてから、毎日欠かさず使っている機能のひとつが「通知センター」です。アプリが出すさまざまな通知をひとつのパネルに集約してくれるので、以前に比べると格段に使い勝手が良くなりました。また、Mac App Storeからダウンロードしたアプリのアップデートを通知してくれるのもうれしい機能です。

しかし、この機能にはバグがあり、通知バナーにあるボタンをクリックすると、通知バナーが画面に残ったままになることがあります。こんな時には以下のように対処すると良いでしょう。

まずは「アクティビティモニタ」を起動

画面の右上に通知バナーが残ったままになったら、「アクティビティモニタ」を起動します。これは、[アプリケーション]の[ユーティリティ]の中にあります。アクティビティモニタを起動すると、Macで動作しているプロセスの一覧が画面に表示されます。

余談ですが、プロセス名の横にアイコンがあるのは、Dockから確認できるアプリで、それ以外は、表向きは確認できないアプリです。

通知センターの「プロセスを終了」する

次に、ウィンドウの右上にある「フィルタ」の欄に、「通知」とキーワードを入力します。すると、一覧にたくさん表示されていたプロセスが「通知センター」だけになるので、これを選択して、画面上の「プロセスを終了」をクリックします。すると、通知センターが終了して、画面に残っていた通知バナーも消えてなくなります。通知センターは、強制終了しても自動的に再起動するので、この後も問題なく使い続けられます。

130907_notify_02.jpg

すこし面倒な手順ですが、この方法を使えば、Macを再起動することなく、画面に残った通知バナーを消せます。通知バナーが画面の端に残ったままになって、不便な思いをしていたことがある方は、また同じ現象が出たら、この方法で対処してください。

(傍島康雄)

swiper-button-prev
swiper-button-next