特集
カテゴリー
タグ
メディア

効果的な休暇に必要な2つの要素

効果的な休暇に必要な2つの要素

休み明けに「もっと休みがほしい」と思ったことはありませんか?

旅行をすると、行かなかった場合に比べてストレスが増加する傾向にあることが、ある研究で示されました。アメリカでは、少ない有給休暇を充実させようと人々は頑張ってしまうようですが、逆に休暇中にストレスを貯めないよう注意しましょう。

生産性とアイデアに関するブログ「99u」では、力まず柔軟に計画することを勧めています。

ラドバウド大学の研究で、効果的な休暇というのは選択と自由が与えられていて、したいことを選べるものだということがわかりました。予定表をがっちり固めるのではなく、その時の気候や体力、残りの予算によって複数の活動から最適なものを選べるようなところに出かけましょう。

同研究はまた、3~6カ月ごとに休暇を取ることを勧めています。年に3回も1週間以上の休暇を取ることが難しい場合、もう少し短い休みを何回か取りましょう。一度にまとめて長い休みを取ると、「何かをしなければいけない」というプレッシャーに駆られ、ストレスがたまります。

本当にくつろげる休暇をつくるヒントは、下記のリンクから99uにてチェックしてみてください。

Why Your Last Vacation Stunk, And How To Make The Next One Count | The 99u

Adam Dachis(原文/訳:駒場咲)

Photo by javarman (Shutterstock).
swiper-button-prev
swiper-button-next