特集
カテゴリー
タグ
メディア

未来と家路を明るく照らす、通るときだけ点く街灯

MYLOHAS

未来と家路を明るく照らす、通るときだけ点く街灯

MYLOHASより転載:普段、当たり前のように夜道を照らしてくれている「街灯」。セキュリティの観点からも、大切な役割を果たしてくれています。

一方で、誰もいないにも関わらず灯っているのを見て「もったいない!」と思ってしまうことも多いはず。国を越えて共通している、この「もったいない感」。どうにかできないものかと行動に移している人たちがいます。

人の気配に合わせて点く街灯

オランダの「TVILIGHT」という会社では、公共の場の街灯を人が通る気配に合わせて自動点灯し、必要のない時は自動消灯するものに移行する試みをしています。街灯にセンサーを設置して、モノが近づく気配を察知させるという仕組みです。空気中に排出されるCO2だけでなく、約80%ものエネルギーを節約でき、メンテナンス費用も約50%にまで下げられるのだそう。

どんな感じなのかが見られる映像がこちら。

設置場所としては、住宅地、小さな町、商業施設、大学構内、工場、駐車場などに適しているのだそう。

今や各国が頭を悩ませているCO2削減事情ですが、実は各自治体がそろって街灯を節約するだけで、大幅なCO2削減効果が得られるよう。たとえば、フランスでは0時から5時までのみ街灯をつけるという自治体が増えています。ただ、セキュリティの観点から心配の声が多くあがっているのも事実。日本でも、CO2など温室効果ガス削減目標が決められており、節電とともに重要なトピックです。

いずれにしても「TVILIGHT」社の街灯は、各国で一躍注目を集めそう。こんな効率的な街灯があったら、夜空の星もぐんと数多く見えそうです。

TVILIGHT

家に帰りたくなる動画。素敵な未来を照らす街灯|MYLOHAS

(下野真緒)

swiper-button-prev
swiper-button-next