特集
カテゴリー
タグ
メディア

カリカリベーコンをつくるにはアルミホイルでひと工夫

カリカリベーコンをつくるにはアルミホイルでひと工夫

オーブンでベーコンを焼くと、香ばしく焼けて美味しい上にフライパンよりも掃除が簡単です。ただ、カリッとさせるのにちょっとしたコツが必要となります。

そこで今回は料理メディア「America's Test Kitchen」に載っていた、アルミホイルを使ったテクニックを紹介します。冒頭のビデオを見れば一目瞭然ですが、念のためやり方をご説明しましょう。

アコーディオンのように蛇腹に折ったアルミホイルをクッキングシートの上に乗せ、その上にベーコンを並べて乗せます。

こうすることでアルミホイルがベーコンの「ラック」となり、両面がカリッと焼け、ひっくり返す必要がなくなります。油が適度に落ちるのもうれしい点。

焼いた後はクッキングシートとアルミホイルを捨てるだけなので、掃除がさらに楽になります。

オーブンではなくフライパンでベーコンを焼きたい人は、こちらの過去記事を参考にしてみてください。

Raise Bacon to New Levels of Greatness | America's Test Kitchen

Alan Henry(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next