特集
カテゴリー
タグ
メディア

自宅から「俺フェス」まで! 耐水Bluetoothスピーカー「UE BOOM」で音楽は何倍も面白くなる

自宅から「俺フェス」まで! 耐水Bluetoothスピーカー「UE BOOM」で音楽は何倍も面白くなる

バーベキューに持っていったら、みんなのテンションが一気に上がった。

ひとりでゆったり聴くのもいいですが、パーティや飲み会、スポーツ中など、「いまここで音楽が流れてたら楽しいだろうなぁ」と思うシーンって結構あります。お気に入りの曲はスマホに入っているけれど、さすがに音量を最大にしても物足りない...なんてことも。

でも、Ultimate EarsのBluetoothスピーカー「UE BOOM WS700」が1本あればもう大丈夫と思わせてくれました。シンプルな使い方、耐水仕様で水場もOK、最大15時間稼働の充電式、そして何より音がデカくてイイ!というのがその理由。500mlペットボトルとぴったり同じくらいのサイズですが、360度はっきり聴こえて、かなりパワフルに鳴ってくれます。

この夏、自宅でも屋外でも活躍してくれたうちの相棒を紹介します。

スマートな収納ケース、イエローの充電ケーブルもきれい

130902ueboom_2.jpg

iPhoneやMacBookの箱ってなんとなく捨てられないものですが(修理に出す時にも使えますし)、WS700のパッケージもそうかも。円筒形のパッケージを開けるとWS700が中央にあり、両サイドには充電アダプタとmicro-USBケーブルが収められています。あるべき場所にすっきり収まるので、このまま持ち運べていいです。

130902ueboom_5.jpg

充電ケーブル、本体のパキッとした色味を引き立てるイエローだと思います。充電グッズがかわいいってのはくすぐられる。micro-USBケーブルなのでスマホの充電なんかにも使えます。

「つなぐだけ」で使えて、再生アプリも選ばない

130902ueboom_7.jpg

基本の使い方はシンプルです。WS700本体の電源を入れて「Bluetooth」ボタンを長押し。あとはスマホなどのプレーヤーの設定画面でBluetoothをオンにしておけばWS700が認識されるので、ペアリングすれば準備完了です。

これ、かなりステキなところでした。友達が集まったときに「スマホに曲が入ってたらかけて」って言えるのです。同時に2台までのデバイスも接続でき、交互に流せるので音楽の「掛け合い」みたいなこともできます(残念ながら同時再生はできませんでした)。気軽に自分の好きな曲をシェアできるのって、それだけでもなかなか楽しいもの。

みんなで音楽を持ち寄って、酒を飲みながら順番に好きなのを流す「俺たちの夏フェス」はなかなかに多幸感がありましたよ。

130902ueboom_8.jpg

ちなみに専用アプリもあります。簡単なイコライザ機能もありますが、アプリはWS700が2台ある時に本領を発揮。LRチャンネルを切り分けてステレオスピーカーのように使ったり、同時に音を流す「2倍モード」でさらに迫力と音量を増したりできます。

とはいえ、基本的には360度型のスピーカーなので、まずは1本あれば十分。

かわいい見た目らしからぬ、申し分のない音量と音質

130902ueboom_3.jpg

この手のモバイルスピーカーにありがちなスカスカした音の感じはなく、しっかり鳴ります。音楽好きなライフハッカー編集部の五十嵐にも聴いてみてもらいました。

五十嵐:電源を入れたときの「効果音」からして高音質で音が大きいのでテンションが上がりますね(笑)。

おー、全体的に音質良いです。特に中音域~高音域に関してはかなり美しい。低音は小さいなりによく出るなとは思いつつも、既存のBose製品などに比べては、ちょっとパンチがないかも。なので、ダンス・ミュージックやロックよりも、ポップなど「歌もの」曲向けだと思います。

音量は大きいですね! 部屋で音楽を聴くときには20%くらいでいいし、屋外だったら50%~60%くらいでちょうど良いレベル。

屋外に持ち出すスピーカーなのでやはり音量は肝心ですよね。バーベキューに持っていってみたのですが、6人掛けのテーブルの真ん中に置くときは小さめで十分。むしろ、少しうるさいくらいだったので、スペースの端っこに置いて、80%くらいでかけておくとちょうどいい感じ。友人たちの反応も、見た目のかわいさや音の大きさ、そして音質の良さが好評でした。

あと、本体の音量調節ボタンを同時押しすると「充電80%」と女性の声で教えてくれます。人前でやるとちょっとびっくりされる機能です。とはいえ、フル充電で15時間も動かせるのであまり心配もいらないでしょう。

お風呂をはじめ自宅でも使える...けど、苦手な用途も

130902ueboom_9.jpg

自宅でスマホをつないでおくのもオススメ。音楽を流しつつシャワーを浴びれば朝からテンションが高まる。耐水仕様なのでお風呂にも気兼ねなく持って入れます。ニコニコ動画やSoundcloudを楽しむのにも一役買ってくれました。PCにBluetooth機能がついていれば、メインスピーカーにしちゃうのもいいかもしれません。

130902ueboom_4.jpg

思いついて、最近ハマって遊んでいるリズムゲームのアプリを起動してみましたが、さすがにほんのわずかな遅延があるようなので、タイミングが合わなくてひどいスコアを叩きだすハメに...。こういうシビアなゲームだけはちょっと苦手そうですね。

接続はBluetoothだけでなくて3.5mmの入力ジャックも備えているので、こっちなら大丈夫だったかもしれません。ちなみに、マイクも内蔵しているので、電話がかかってきてもスピーカーフォンにすればそのまま通話できます。

三脚に取り付けられたり、遊びがいはまだありそう

130902ueboom_6.jpg

底面のDリングを取り外すとネジ穴が表れます。1/4-20UNCのネジが使えるので、カメラ用の三脚などにも取り付けできます。たとえば、足を曲げられる「ゴリラポッド」のような三脚に取り付ければ、どこでも壁掛けスピーカーになりますね。2台のWS700を部屋の両端に設置して「2倍モード」にすれば、自宅がちょっとしたクラブハウスに(ご近所からのクレームにならないように)。

あとは、500mlペットボトルとほぼ同じサイズなので、車のドリンクホルダーや自転車のボトルケージにも入りますね。とにかく、家で使ってよし、外で使ってよし。音楽を聴く、シェアする、持ち寄ると、楽しみ方そのものの幅を広げてくれる、1本あると便利なガジェットです。

価格は1本19800円(2013年9月2日現在)。大手家電量販店やApple store、e☆イヤホンで取り扱っています。ポータブルスピーカーをお探しの方、候補に加えてみてはいかがでしょう。詳細なスペックは下記公式サイトより。

UE BOOM: 360度のサウンドワイヤレススピーカー | Ultimate Ears

(長谷川賢人)

swiper-button-prev
swiper-button-next