特集
カテゴリー
タグ
メディア

一番の席はどこ? 飛行機の中でぐっすり眠るために覚えておくべきこと

一番の席はどこ? 飛行機の中でぐっすり眠るために覚えておくべきこと

飛行機の中でぐっすりと眠るのは難しいものです。しかし、ほんの少し気をつけるだけで、かなり眠りやすくなります。旅のエキスパートのJohn DiScalaさんが、高度30,000フィートの上空で眠るコツをライフハックブログ「Real Simple」で紹介していました。

飛行機の中で一番眠れるベストシート

緊急事態さえ起こらなければ、出入口の列の窓側の席がベストシートだと思います。同じ列の人が席を立つときも、眠りを邪魔されることもありません。窓に頭をもたれかけて休めるし、フットレスト代わりに手荷物に足を乗せて伸ばすだけのスペースもあります。

逆に、トイレや客室乗務員のいる部屋の近くは、人が集まりやすいので最悪です。最初から座席指定をしておきましょう。比較的人気のない火曜や水曜の夜のフライトは、希望通りの席が取りやすいのでおすすめです。

睡眠を邪魔されないために

眠りたいときは、ブランケットやセーター、上着の上からシートベルトをするのがポイントです。客室乗務員から見てシートベルトをしているのが分かれば、乱気流などで急に着用のサインが出たときも、起こされずに済みます。

また、眠る前には、軽く何かを食べて、水分も補給し、トイレに行っておきましょう。

睡眠薬やお酒に頼らず眠る

私は飛行機で眠るときは、睡眠薬やお酒の力を借りません。フライトの数日前から早寝早起きを心がけ、午後9時には眠るようにしておきます。運動をした方が眠れる場合は、旅行中に体を動かすようにすると、帰りのフライトで体が休めやすくなります。

How to Sleep on a Plane | Real Simple

Whitson Gordon(原文/訳:的野裕子)

Photo by Thinkstock/Getty Images.
swiper-button-prev
swiper-button-next